スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
当たる客
30代の女性が、大きな袋を抱えて、手にはネックレスを持ってカウンターにやって来た。私が買○りを担当することになり、さっそくチェックに入った。

無造作に投げ置かれたネックレス2個。一つを手に取ると、ポロッと留め金の部分が落っこちた!力を入れて引っ張ったわけでもなく、ただ軽く手に取っただけなのに。

もう一つの方は、最初からクサリが切れていた。どちらも衣類におまけで付いてくるようなネックレスで、高価なものではない。

大きな袋の中の衣類は、シミがあったり、かなり古かったり、襟元が変色していたりして、値段がつくものは数少なかった。

小さな袋の中には、細かい雑貨類と、ホテルなどでもらうヒゲソリやシャンプー・リンスが大量にあった。こういうタダでもらえるものを買○りに持ってくる、という感覚が私にはちょっとわからない。

お客様をお呼び出しして、説明させていただいた。
私「こちらのネックレス2点ですが、壊れておりましたのでお値段をお付けすることができませんでした。」
客「・・・そっちが壊した!」
私「はっ?あっ・・・いえ。」
客「そっちが壊した!!」
私「・・・わかりました。買い取らせていただきます。(泣)」廃棄するしかないので、安い値段を付けるけど。

私「お洋服のほうなんですが、こちらシミ汚れ等ありまして、お値段お付けできませんでした。大変申し訳ありませんが・・・。」
客「・・・。」

私「こちらは試供品でしたので、お値段をお付けすることができませんでした。」ヒゲソリ・シャンプー・リンスをお返しした。
客「前には買い取ってもらえたわよ!これって、無理やり置いていったらどうなるの?捨てるの?」
私「・・・はい。」
客「もったいないでしょ!」
だったら使ってよ、と言いたい。以前、買い取ったとは言っても、ひとまとめで10円とか、そんなものだろう。しかし、タダのものを買い取るというのは、私は抵抗がある。しかも、それを売るとはどういうことよ、と思ってしまう。今回はお返しした。

客「値段が付かなかった服の引き取りは、もうやってないの?」
私「申し訳ありません。お持ち帰りいただいております。」
客「他の店はどうなの?」
私「うちの系列店では、どこも同じ対応だと思いますが。」
客「だから~。そうじゃなくて、ほかの店のことを聞いてんのよ!!もったいないでしょ!」
ライバル他社がどうやってるか、なんて知るわけないよ~。知らなきゃいけないのかい?

買○りの場合、伝票に住所、氏名、電話番号などを書いていただくことになっている。
私「恐れ入ります。生年月日が抜けておりますので、ご記入お願いします。」
客「今、書きます~!」変な抑揚をつけて、思いっきり不機嫌モードを表現していた。他の先輩もギョッとして注目。

お客様はプリプリ帰って行った。
「あのお客様、よく来る人だけど、時々あんな感じだよ。家庭で嫌なこととかあるんだろうね。だからって、私たちに当たられても困るけど。」とA先輩。

少し前にも、古~い衣類を大量に持って来た年配の夫婦がいて、Mさんが「お値段お付け出来ませんので・・・申し訳ございません。」と丁寧に対応していた。

すると、ダンナ様がキレて、「なにー、引き取れないっていうのか!持ち帰って捨てろというのか?もったいないだろ!!」とスゴんでいた。もはやこうなると、何度説明しても堂々巡り。奥様がなんとか収めてくださったが、怖かった。

「捨てるなんて、もったいないだろ!!」という点でものすごく熱くなる人は多いのだ。でも、果たしてそれって本当にエコなんだろうか?

店側としては、「商品として価値があるかどうか」という観点で品物を見てるだけなのであって、不用品の処分をする会社ではないのだ。こういう点は、ビジネスマインドを持ってる人ならわかってもらえると思うのだが。

人間みな、かなり自分本位な生き物なのだ、と思う。(もちろん私も。)

自分よりずっと若い女性だったのに、まともにぶつかられて結構凹んだ。

こういう仕事をしていると、とっても気持ちのいいお客様に当たることもあり、そういう時は(この人も接客業なのかも。辛さがわかるから、こういう対応をしてくれるんだろうな。)と思う。私もそういうお客になりたい。
スポンサーサイト

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2010/04/27 09:13 】

| パート日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<母の日ギフトとプリザーブド | ホーム | 仕事仲間と飲み会>>
コメント
--- チャンミさん、こんにちは♪ ---

こういう仕事の難しいところなのですが、値段が付けられないくらい状態の悪い商品→お返しする、というのは、お客様にとっては不愉快なのだと思います。
でもね、買取してしまうと、そういう商品いっぱいの、魅力のない売り場になってしまうのですよ。ゴミ捨て場のような。

今回、かなり嫌な態度を取られて、私もムッとしそうになりました。ずっとずっと若い女性相手なのに・・・。
こういう時は凹みます。仕方ないかな。

楽しいお客様も多いので、後で挽回して、またがんばります♪
フィリカ * URL [編集] 【 2010/05/04 12:27 】
--- ---

本当に仕事は、大変だね。
いろんなことあって、凹んで(><)
おいしいもの食べて、頑張ろうね。
チャンミも負けずに、頑張るから♪

息子さんたち・・・かえってくるのでは・・・この連休♪~★
チャンミ * URL [編集] 【 2010/04/29 19:50 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firrica.blog94.fc2.com/tb.php/537-f5387fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。