スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
多忙な春休み
長男は毎日忙しい。

大学の寮の面接に合格して横浜から帰って来た、と思ったら、翌日からは私の実家(秋田)へ2泊の旅。
受験期、うちの父とも全然会っていなかったので、一年以上ぶりである。

帰って来たと思ったら、「先輩たち(大学生)の集まりに誘われた」とか、「知り合いの政治家の事務所に遊びに行ってくる」とか、とにかくのんびり家にいることがないくらい。

今週は、「部活の後輩たち主催の追い出しコンパ」で高級中華料理店でごちそうになったり、昨夜は「お好み焼き屋で中学時代の同級会」などなど。

それが昨夜はちょっと暗い顔で帰って来た。
「同級会に行ったら、意外に大学落ちた奴が多くてさー。なんだか、みんな暗くてなんて言葉を掛けたらいいのか・・・。気を使って疲れた。大学って現役で合格するのは、やっぱりなかなか大変なんだな。“現役合格三割”っていうけど、本当にそんなもんだった。」

「浪人する奴らが、勉強の仕方を教えろ、ってうるさくて、お好み焼きを焼きすぎちゃって、まともなのが食べられなかった。」
のだそうだ。

同じ地域の中学から、長男の高校に進学したのは10人。その中で現役合格したのは3人だけだった。高校での成績もトップクラスで、医学部を目指していた男の子も落ちたのだそうだ。国立大の医学部は、やはりハンパなく難しいらしい。

「運が良かったんだね~。」と私が言うと、
「運じゃないよ。すごく勉強したんだから!8時間勉強したけど落ちた、って言ってた奴がいたけど、オレは休日には15時間勉強した。過去問も15年分やった。こなした量が全然違う。」と、反論してきた。

勉強の仕方を教えて、と言ってきた人には、「学校の勉強を捨ててでも過去問をやれ。過去問はあなどれない!」と言ってるのだそうだ。

そういえば、12月にAO試験で不合格になった時には落ち込んでいた長男だが、今では「あの時落ちて良かった。」と言っている。塾の講師のバイト面接などの時、一般入試以外で合格した人は、採用してもらえない場合があるのだそうだ。

「努力は決して裏切らない」という言葉を思い出した。

スポンサーサイト

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【 2010/03/19 12:24 】

| 息子たちの毎日(中学・高校) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<モンスターワイフ 幸せなふりはもうしない | ホーム | 新生活への第一歩>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firrica.blog94.fc2.com/tb.php/530-24b3eda3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。