スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
叱る力、褒める力
「1月ってヒマだね~。」「仕事ないね。何しようか・・・。」
なんて言ってた日々が懐かしい!

この土日は忙しかった。
暖かさが人々の、「衣類の整理をしよう」「家の中の不要品を片付けよう」という意識に火をつけたのか。
パタパタ、パタパタと走り回って、業務をこなすのが精一杯だった。

忙しさの中にあると、ついつい大切なところを見逃していい加減に処理しようとしてしまう。久々にミスをやらかしてしまった。

「人を見かけで判断してはいけない」
ということは、商売をするうえでの鉄則なのに。あちゃー!である。

「あ、アクセサリー、アクセサリーなんかも買い○りしてもらえんの?」
と、風采の上がらない、ボケーっとした中年男性がやってきて、ズボンのポケットから無造作にブレスレットとチェーンを取り出した。
「大丈夫ですよ。お調べさせていただきますので、少々お待ちください。」と私。買○りが立て込んでいる時期にまた面倒な・・・と、ついつい思ってしまった。

喜平ブレスレットには刻印が見受けられず、少し前まで店で売っていた金メッキのものとよく似ていた。チェーンの方もごく普通の安物のアクセサリーだと思った。

「お待たせいたしました。○百円になります。」とお客様に伝えると、
「えーーっ、それはないだろ?このブレスレットは10万円で買ったものだし、このクサリも人からもらったんだから、安物ではないはずだ。ブレスレットは金だと思ってたのに。」とのこと。
サーッと血の気が引いた。
「申し訳ありません!すぐに調べ直しますから。もう少しお待ちいただけますか?」
慌てる、慌てる。

ベテランのA先輩が駆け付けて、
「フィリカさん。ブレスレットの留め金の裏は見なかったの?小さく“K18”って入ってるよ!!こういうものはしっかり見て、ちゃんと比重計に入れて確認しなきゃだめ!こんなことでミスったら、お客様からのクレーム一発だよ!!後は私が対応するから。」
と、その後のお客様への説明まで全部引き受けてくれた。比重計で計ったら、18金だった。g換算をすると結構な金額である。お客様は納得してくださり、買○成立となった。

久々の痛恨のミスだ。
怒ったりキレたりするようなお客様ではなかったのが、不幸中の幸い。A先輩には平謝りに謝った。すると、
「ちゃんと比重計に入れて計らないとね。クサリのほうはただのシルバーだったからいいんだけど。でも、お客様に言われて、1度引いて調べ直したから大ごとにならなかったんだと思う。そこは、フィリカさんの対応が良かったから、ということだと思うよ。」
と、逆に評価もしてくれた。

いやいや、それどころじゃない、大ごとだ。人を見かけで判断してしまった自分の甘さ(お金を持っていない人だと思い込んだ)と、充分に検査しなかった適当さ(仕事なれの最たるもの)に、自分自身に対してもうガッカリ~。

またまたA先輩には助けられちゃったなぁ。
A先輩は仕事上はベテランだが、私より一回りも年下である。なのに、褒めることも叱ることもうまい!指導力があり、フトコロの広い人だなぁと思うことしきりである。

仕事仲間にC君という人がいる。
無口で物静かで、コツコツ頑張るタイプの実直な青年なのだが、たまにミスをして社員さんや先輩たちから叱られたりしていた。A先輩にもわりとガンガン言われていたが、それでもコツコツと地味に耐える人だったのだ。

ある時、C君担当の鉄道○型を1人で山のように買って行ってくれたおじいちゃんがいた。その日一日で、月の予算のほとんどを稼げるくらいの勢いである!A先輩は大絶賛したのだそうだ。

「あなたが今まで本当に一生懸命、売り場の商品整理や価格の見直しなんかを地味にやってきたからだよ!すごいじゃない!」すると、
「そりゃー、あんだけやれば売れるでしょうよ。」と、ある男性スタッフが横やりを入れたのだそうで、A先輩は怒っていた。
「滅多に褒めない私がせっかく褒めてるのに!なんでそうやるかな!って、頭にきちゃったよ。」と。

「C君は注意力がないからミスもするけど、すっごく商品整理が出来る子なのよ!帰るときに店の中がぐちゃぐちゃだな、と思って、翌日来てみたらスッキリ片付いてた、なんて時は大抵C君。もくもくと静かに作業するけど、すっごくきっちりと片づけが出来て、エライのよ!」

A先輩に褒められて、C君も嬉しかっただろうな。C君の地味な努力を、ちゃんと評価していたA先輩ってすごいな、とその時思った。

「私はこの仕事長いけど、本部のおエラさんで“部下は褒めて育てる”というのがモットーの人を知ってる。でも、それで潰れてしまって、結局辞めていった人を何人も知ってるよ。」
と、以前A先輩が他の人に話していたのを聞いたことがある。

褒める力も、叱る力も、両方大切な力なんだろうな、と思う。
そして、慣れた頃についつい陥ってしまう心の隙間。
もっと、お客様ひとりひとりを大切にして日々の仕事に向き合っていこう、と心を新たにした。

スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

【 2010/01/25 21:06 】

| パート日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<気がかり | ホーム | 受験シーズン真っ只中!>>
コメント
--- てぽてぽさん、こんにちは♪ ---

ありがとうございます!
仕事でミスをして落ち込んでいたとき、くじけずにコツコツ頑張るC君の姿をみて、自分も頑張ろう、と思ったことがあります。
仕事に関しては、コツコツ頑張ってると、必ず報われる時がくるみたい。意外にみんなちゃんと見てるんですよ。

てぽてぽさんはCくんタイプ?職人気質なのかしら?

人間みな、長所短所は表裏一体、と私も思います。
笑いが絶えない職場なのも、A先輩がムード作りしてるからなのかも。でも、細やかに気配りする人なので、体調を崩すことも多いのです。

褒められて調子に乗ってるときに、こういうミスをしでかしてハッとします。日々のコツコツとした積み重ねが大切ですよね~。
フィリカ * URL [編集] 【 2010/01/27 14:33 】
--- ---

いいお話です(涙(涙(涙。
自分でも「しまった!」と感じているときに、Aさんの言葉は温かいですね。いい人だ~。
C君。私もC君タイプです。多分。一気にドカドカと仕事は出来ないの。忙しくて、あれもこれも となると、自分なりに組み立てていた仕事の流れが崩れてパニック!
長所と短所は紙一重・表と裏。それが分っている人は、人をリードして行く素質があるのだろうと最近考えます。
人の良いところを感じ取れるフィリカさんもまた、温かな気持ちのスタッフだと思います。
てぽてぽ * URL [編集] 【 2010/01/27 14:16 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firrica.blog94.fc2.com/tb.php/519-be39c2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。