FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
似合う服、似合わない服
私自身、まったくファッショナブルな方ではないので、こんなテーマで書くのはいささか気が引ける。たまたま昨日、外出帰りに立ち寄った本屋で、こんな本に惹きつけられて立ち読みした。

社長、その服装では説得力ゼロです (新潮新書) (新書)
中村 のん 著

社長、服装
人は意外なほど、自分の姿が見えていない。お客に向かってトレンドを語る部長は、時代遅れのジャケット姿。勘違いした「勝負服」で、パワーを半減させている上司。しなやかな黒髪を捨て、パサパサの茶髪になりたがる若者たち----。第一線のスタイリストが、大人の身だしなみの常識、非常識に切り込む。すり寄るショップ店員への対処法、全身姿見の効用、靴を買うときの心得は。「似合う」の仕組みから分かる一冊。

「太った人ほど太って見える服が好き」なんてことも書かれていた。
ラブリー系の、花柄、フリルふりふり、レースたっぷりの、カワイイ洋服が好きな人が多いのだと。「ピンクハウス」など一世を風靡したけれど、「かえって太って見えるんじゃない?」と思われるような人たちに好まれていたのだそう。デザイナーもある程度納得した上で服を作っていたらしい。

小花柄にしてもフリルにしても、太った人が着ると面積が増える分、さらに太った印象を与えてしまうのだとか。女性はいくつになってもカワイイものが好きだから、これは用心しないとね。

私がパートで働くお店では、古着の買○りに力を入れている。しかしながら、近隣が住宅地ということもあり、年配の女性が着なくなった衣類を持ち込まれることも多い。

「うちの娘のなんだけど。オーダーで作ったスーツなのよ。もったいなくて。」と言われて拝見すると、たしかに高級なスーツだった。スカートのタグのところに「93年10月・・・」と製造年月日が!16年前・・・丁重にお断りした。

リサイ○ルショップに高級な毛皮のコートやジャケット、ドレスを持ってくる人はかなり多い。そしてチャイナ服!チャイナ服は、これでもか、というくらいよく見かけるアイテムの一つなのだ。

がっしりした肩パッドが入ってるものは、どう考えても10~20年前のもの。そういうものを持ってこられる方は非常に多い。「ファッションは3年周期くらいでどんどん変わりますから。古着といっても、3年前くらいのものまでですね。」とお話はするけれど、まぁ大目に見ても5年前くらい・・・?

今、年配の人たちが買いやすいお店が少ない、というのもわかるが、うちの店を年配者向けにするわけにはいかないのだ。

買○りをしていて、(うわっ、オバサンっぽいな。)と思って、伝票にサインをもらう時に身分証を確認させていただいたら、(あら、私と同じ歳だ。)なんてことも多い。オバサンとそうでない人の分かれ目、というのがあるようだ。

難しいのは柄物。柄が安っぽくてごちゃごちゃしてると、どうしても老けてダサダサになってしまう。ヒョウ柄は若い人にも年配の人にも好まれるようで、1日に2枚くらい必ず目にする。でも、イケてるヒョウ柄とそうでないヒョウ柄があるようだ。
肩パッドは当然ダサダサ。
そして色も重要。年配になると、どぎつい色のものばかりの人が多くなる。どうしてだろう?

シンプルなデザインできれいな色のものを着ればいいのに、と思う。

この本の著者が20歳の娘と自分の母親と、韓国の明洞(ミョンドン)を歩いた時のことが書かれていた。
韓国女性は黒髪ツヤツヤで肌がピカピカ、着ている物はシンプルでどうということもなかったけれど、凛とした美しい女性が多かったのだそうだ。
日本のように髪の毛は茶髪でパサパサで、やたらとカールして広がり、目元はマスカラ命でパッチリ、などということはなかったと(ギャル系ファッション?)。
目元は切れ長に見えるようなすっきりしたメイク。
「韓国女性に完全に負けてる」と感じたのだそうだ。(ファッションの方で)
しかも、日本のように若作りもしない。中年女性は中年女性なりに、子持ちは子持ちなりに、という美しさなんだとか。

立ち読みして帰ってきてしまったけど、この本のところだけ残り一冊になっていて。なかなか売れている感じの本だった。

スポンサーサイト

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2009/10/27 10:38 】

| パート日記 | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<ここにもオタクが! | ホーム | 10月もあっという間・・・>>
コメント
--- emiko さん、こんにちは♪ ---

私は息子の服のお下がりを着ています。(恥)
まぁ、変じゃなければいいのですよね。
内面の美しさが一番、と私も思います♪
ついつい仕事で服ばかり見ているもので、ダサイだの流行おくれだのに気持ちが行ってしまってました。
もともとファッショナブルな人間じゃないので、ちょっとムリがありましたね~。
私自身は、古着で全然オーケーな人間です。経済的に出来てます。
フィリカ * URL [編集] 【 2009/10/30 20:37 】
--- 碧さん、こんにちは♪ ---

私も若い子と同じような服も買いますよ!
買○りで、すごく若い女の子が自分好みの洋服を持ってきたり、おばあちゃんが若い子ブランドのを買っていったり。
いろいろだな~、と思うことが多いです。
要は似合ってればいいのかな?と。
年をとっても、ちょっと流行を取り入れたものを着てみたいのも、女心だな、と。
ただ、体のラインがきれいに見えるもの、というのは意識しますね。(崩れが気になる年頃です)
フィリカ * URL [編集] 【 2009/10/30 20:32 】
--- チャンミさん、こんにちは♪ ---

チャンミさんの記事を読んで、ようやく韓国の文化的なことがわかりました。
主婦は落ち着いた感じにしないとダメなのでしょうね。私も若作りと言われそう。
自分の母が今の年齢だった頃・・・と考えると、昔とは全然違いますよね~。
今、そんな格好したらものすごいオバサンだわ。v-356
お客様で、高齢なのにミニスカートはいてる人もいます。
ある意味、平和だからいいのかも。
フィリカ * URL [編集] 【 2009/10/30 20:27 】
--- sharifa-image さん、こんにちは♪ ---

「勘違いに気づく」まさに、まさに!
今の職場に勤めてから、「フィリカさんって、ピンクでふりふりふんわりが似合いそう。」と言われて、びっくり仰天しました。
真逆じゃないか、と。
いまだに自分に本当に似合うものはわからないですが、でも居心地悪いものは着にくいですよね~。
自分がほっとできる好きなもの。で、いいかな?
ただ、似合う色と好きな色は違うみたいですね。顔映りがいい色、というのがあるようです。
フィリカ * URL [編集] 【 2009/10/30 20:22 】
--- ---

私もオシャレについては語れません、、、
なんせ娘たちのお下がりを平気で着ちゃうくらいなんですからi-229

美しさって内面から溢れ出る要素も大きいですよね!
それと自分をよく知っていて、より引き立つ方法を身に付けている人は
老若男女とも素敵だな~と思います。
そんな方にお会いすると、生き方や考え方自体に憧れて真似したいな~と
思ってしまいますもん。
何だかお話から脱線してしまいいました~
どうもすみません。
emiko * URL [編集] 【 2009/10/30 10:29 】
--- 私も…。 ---

多分勘違い女です。
でも、一応デブなりに太って見える服はさすがに買わなくなりました(苦笑)
ただ、どうしても年齢よりも若い子が着る服に目がいってしまい…
結局買っちゃう…みたいな(--;)
主人にも年齢に見合った服を着れ!と言われるのですが、
どうも年々いいな~と思う物が若い子向けになってる気が…。
色々考えてみます。。。
碧 * URL [編集] 【 2009/10/30 04:06 】
--- ---

ファッションについて・・・韓国の人と話すと・・・

子持ちは、たとえ10代でも
子持ちの格好をする。

おばさんは、おばさんのかっこう
ジーパンとかありえないそうです。
その人が、結婚して子供がいるかで
スタイルが決まるときいて・・・

じゃ~私の格好、ダメダメと・・・
ん・・・そうとはいえないけど
若作りねとマイナス部分は、あるかなぁ~だって・・・

もんぺはけばいいの??
大笑いしたことがあります。
その前に・・・トンバンじゃ、イソジンじゃ~と騒いでいるのは、理解できないと
思うよと・・・落ち着いた行動をとるようにといわれるかなだって・・・

その件は、韓国の親友に、いわれたなぁ~と・・・

年齢にあった行動と品格をもって
元気よく生きていきたいですね♪

面白い記事でしたよ_ρ(^^ )ノ
チャンミ * URL [編集] 【 2009/10/29 11:32 】
--- 勘違いに気づく ---

40代になった頃気づいたことがあります。
「好きということとそれが似合っているかどうかは別である」ということです。
これに気づいてからは選ぶ洋服のデザインそして色が変わってきました。
それはたぶん仕事や他の事にも言えるのでしょうね
韓国女性はその事をよく知っているのかもしれません。
日本の若者より成熟しているのでしょう。
sharifa-image * URL [編集] 【 2009/10/28 13:07 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firrica.blog94.fc2.com/tb.php/495-273e03f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。