スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
転勤?!
昨夜おそく、夫から電話があった。
「転勤が決まっちゃったよ。どこだと思う?京都だよ、京都!!しかしさぁ~、1年で転勤だもんな。本当にびっくりだよ。」
うそっ?ホント?一瞬、夢かと思った。
東京に転勤したのは昨年の10月。その前は名古屋に4年いたから(単身赴任)、「東京⇔仙台と近くなって、何だか安心したわ。」と言っていたのに、それもほんの束の間・・・。

ただ、本人は幾分ほっとしているようだ。
東京本社の忙しさは、地方の支店勤務とは比べ物にならないほどだったらしい。毎日帰宅するのが10時半から11時頃。名古屋にいた頃は楽しめていた“男の料理”も作る余裕がなく、ひたすら外食とお弁当の日々。街歩きは楽しんでいたらしいが、趣味の登山を楽しむこともなくなっていた。

名古屋にいた頃、何度か訪れたことのある京都は非常に気に入ってる街らしく、「今まで訪れたどの観光地よりも美しい。京都は日本で一番美しい街だ。」とまで言っていたことがあった。
京都か・・・。仙台からだと遠いけど、私もぜひ行ってみたい。

それにしても、ちょっと困ったのは長男の進学先。
夫が東京にいるのだから、何かと面倒を見てもらえるし、受験の時も泊めてもらえるし、どうせなら長男も転がり込んじゃえば?・・・などなど勝手に都合よく考えていたのに、全てオジャンになった。
「京都の大学でいいところ(入れそうな所)はないか?」などと夫に突然言われた長男。
「無理だよ!受験科目から傾向まで全然違うのに。今からじゃ間に合わない!」と涙目になった。
それはそうだよなぁ。でも、果たして、東京で自活してやっていけるのか?と、心配てんこもり。これはまず、合格してから先の話だから、今のところは保留にしておこう。

こんなこともあるのね。
以前、仙台の同僚でも東京に1年いて転勤になった人はいたけど。まさかうちの夫が・・・という気分。
名古屋にいても東京にいても、帰ってくるのは月に一度、で変わりはない。移動時間と距離は大分違うけど。

こうして家族バラバラに暮らすようになって行くんだな。いずれは1人で生きていく時期も来るのかもしれないし・・・とも思うけど、やはり寂しさは隠せない。

名古屋に赴任した時も、友人知人はゼロ。今回の京都も、友人知人はゼロ。東北出身者や北海道出身者に出会うことすら珍しい地域なのだ。それでも、京都というだけで、ちょっと心が弾んでくる。早く行ってみたいな~。
慣れるまではまたしばらく大変だけど。
単身赴任家族はこうしていつも会社の辞令に振り回されつつ、その中でも変化や刺激を楽しみつつ、時を刻んで生きていくのだろう。
健康に気をつけてがんばらなくっちゃ!
スポンサーサイト

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2009/08/29 18:02 】

| 単身赴任 | コメント(10) | トラックバック(0) |
なんでも文句をつける客
DSCN8057.jpg
長男撮影(何やら加工を施したらしい?)

今日、60代くらいの男性が買○りカウンターにやってきた。
持ってこられたものにざっと目を通すと、2Fの売り場担当のものがあったので、「こちらは2Fの売り場の方にお持ちください。」と言うと、「お役所仕事だな!」と返って来た。思わず、「はい???」と聞き返すと、「まるでお役所仕事だ、と言ってるんだ!」と語気を荒げた。「申し訳ありません。」と私。突然怒られたけど、別にミスしたわけでも、お客様に何か失礼なことをしたわけでもないんだけどな・・・。

査定が終わり、1点1点の値段についてお客様に内容を説明し始めると、「早い、早い!!早すぎてわからん!」と話をいきなりさえぎられた。「あー、いいよ、いいよ、これで。オレはゆっくりやるから。」と、伝票の個人情報記入欄に記入されてたので、ご本人確認のための身分証の提示をお願いしたところ、「だめって言ったらどうなる?提示しないわけにいかないんだろ!だったらいちいち聞くな!」と、またまたケンカ腰。
ムカムカしつつも、私は平静を装いながら、いつもどおりにお礼を述べ、「また何かありましたらよろしくお願いします。」と、にこやかに告げた。すると、「ふんっ、マニュアルどおりだな!!」と、またまたケチをつけられた。「オレはしょっ中利用してるよ。貧乏人だからな!」と、最後に憎らしく語り、男性は帰って行った。

いろいろな人がいるけど、最初からものすごく不機嫌な人、というのもけっこういる。
初めは期待に胸を膨らませて来店したのに、思ったよりずっと低い金額で、ものすごく憮然とした態度に変わる人も多い。
「あら~、いくらでもいいわよ。どうせいらないものなんだから。」と、カラッと明るい人もいる。
「初めてこういうところに来たの。どういう感じなのかと思って。」と、好奇心いっぱいでワクワクして帰る人もいる。
人それぞれだけど。わざわざ嫌な気分をぶつけることもないのにな、と思った。

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

【 2009/08/27 21:28 】

| パート日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
いやな気分よ さようなら
いやな気分よ さようなら -自分で学ぶ「抑うつ」克服法
 デビッド・D・バーンズ著 星和書店
いやな気分よ
この本は、うつ病の認知療法について書かれたもので、アメリカでは300万冊以上売れたベストセラーなのだという。Amazonで書評を読み、その評価の高さ、書評を書き込んでる人の多さに驚いた。

私の場合、夫とケンカして落ち込むことが多く、「自分はなんてダメな人間なんだろう。」「自分なんかどうせ・・・。」といった、いつも同じような思考パターンに陥ってしまうことが多かった。うつ病ではないにしても、このいやな気分を何とかすることは出来ないものか?と、そのたびに感じていたのだ。

認知療法の第一の原理は、あなたの感情はすべてあなたの「認知」(ものごとの受け止め方)あるいは考えにより作られる、ということ。あなたがものごとや人を自分に対してどう言い聞かせるか、つまりどう解釈するかということが重要なのだ、と。
うつ病になるベースには“認知の歪み”が必ずあり、それを改善することなしに根本的な回復には至らないのだそうだ。

認知の歪みの定義
(1)全か無か思考
ものごとを白か黒かで考える。少しのミスも完全な失敗と考える。
(2)一般化のしすぎ
たった一つのよくないことがあると、世の中すべてこれだ、と考える。
(3)心のフィルター
たった一つのよくないことにこだわって、そればかりくよくよ考え、現実を見る目が暗くなる。
(4)マイナス化思考
なぜか良い出来事を無視してしまうので、日々の生活がすべてマイナスのものになってしまう。
(5)結論の飛躍 
根拠もないのに悲観的な結論を出してしまう。
①心の読みすぎ
ある人があなたに悪く反応したと早合点してしまう。
②先読みの誤り
事態は確実に悪くなる、と決めつける。
(6)拡大解釈と過少評価
自分の失敗を過大に考え、長所を過小評価する。逆に他人の成功を過大に評価し、他人の欠点を見逃す。双眼鏡のトリックともいう。
(7)感情の決めつけ
自分の憂鬱な感情は現実をリアルに表現している、と考える。「こう感じるんだから、それは本当のことだ。」
(8)すべき思考
何かやろうとする時に、「~すべき」「~すべきでない」と考える。あたかもそうしないと罰でも受けるように感じ、罪の意識を持ちやすい。他人にこれを向けると、怒りや葛藤を感じる。
(9)レッテル貼り
極端な形の「一般化のしすぎ」。「自分は落伍者だ。」「あのろくでなし!」など、そのレッテルは感情的で偏見に満ちている。
(10)個人化
何か良くないことが起こったとき、自分に責任がないような場合にも自分のせいにしてしまう。

・・・思い当たることばかり!!

 私としては、「第11章 いつも認められたい(承認中毒)」「第12章 愛情への依存」「第13章 仕事だけがあなたの価値を決めるのではない」「第14章 中くらいであれ!-完全主義の克服法」が特に面白かった。
幸せを感じるのに必ず愛情を要求する態度を「依存」といい、自分の感情生活に自分で責任を取ることが出来ない状態、なのだそう。素晴らしい恋人や結婚生活のパートナーがいなければ、自分は不幸で惨めだ、と感じる人は非常に多いが、愛情を要求する態度ではいつまでも自立した大人にはなれないのだ、と。夫とケンカしたくらいで、世の中の不幸を全部1人で背負い込んだような気分になっていた自分・・・。今度からはもっと冷静に対処してみようと思う。

「第9章 哀しみはうつ病ではない」では、現実的な不幸な出来事に遭遇した場合の乗り越え方について詳しく書かれている。破産、老齢、病気、別離などの現実的な問題。でも、このようなことでは「現実的うつ病」にはならないのだそう。「健全な哀しみ」に遭遇した時の感情は優しく、真実味に富んだ望ましいものであり、人間味を深め人生に深みを加える。そういった意味で喪失体験には得るものがあるのだ、と。

素晴らしい本だった。これを現実に生かして実践してみようと思う。

最後に。私が購入したのは古いタイプの方。Amazonマーケットプレイスで1500円ほどだった。初版のもので十分だと思う。
第2版・・・824ページ、原書は1999年刊行 (増補改訂版)
初版・・・・475ページ、原書は1980年刊行
暇を見つけてはちょこちょこと、時には熱中して読み進めて。これだけ読むのにも時間が掛かったが、内容的には難解ではなく、少なくとも私が知りたかったことはほとんど網羅されていた。
「認知療法は、決して狭い意味での病気の治療法にとどまるものではない。私たち皆が日々を安らかに暮らし、同時に人間的に成長していくためのガイドラインを提供する。」という著者の言葉に深く感銘を受けた。

うつ病の人だけではなく全ての人に。お薦めしたい本だ。

テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

【 2009/08/21 12:47 】

| 私の本棚 | コメント(16) | トラックバック(0) |
今日は勝ったかな?
先日、夫とケンカをしたことを、ついつい感情が先走るままに記事にしてしまった。
翌日は仕事だったので、ムカムカしたまま出勤。仕事先で思わず、「ちょっと聞いてよ!」とぶちまけた。みんな大笑いしてたけど、私は必死なのよ。

仕事から帰ると、「今夜バーベキューにしようかと思って、炭をおこして準備しておいたよ。さぁ、肉買いに行こう!」という夫のニコニコ顔に、うまく乗せられてしまった。
あっけなく仲直り。なんとも自然にいつものペース。
まぁ、そうでもしてないとせっかくの夏休みなのにもったいない。2ヵ月ぶりの我が家で大ゲンカというのも悲し過ぎる。

後半は3日間仕事で昨日1日だけ休み。今日からまた仕事となった。

私たちの仕事は 買○り=仕入れ というルートで成り立っているのだが、中には結構あくの強い常連さんもいる。ちょっと気弱に下手に出ると、そこに付けこんでやたらと難癖をつけて来たりするのだ。
仮の呼び名を“おっちゃん”としよう。先日、私がこのおっちゃんの買○りに当たってしまった時、おっちゃんは大量の背広と、使い古しの大量のドライヤーと古着を持ってきた。
「お客様、大変申し訳ございません。背広は取り扱っておりませんので、お持ち帰りいただくことになります。ドライヤーも未使用品のみの取り扱いになりますので、お値段をお付けできません。申し訳ありません。」と言うと、
「なんだと?冗談じゃない。置いていくから。」
「いえ、うちの方では引き取りはしておりませんので。お持ち帰りでお願いいたします。」
「だめだ!絶対置いていく!」
「お持ち帰りでお願いします。」
「置いていく!」
「お持ち帰りでお願いします。」
・・・・・・・結局、おっちゃんは持ち帰ったのだった。

その他の古着は状態が良くなくて、ほとんど値段がつけられなかった。おっちゃんは帰り際、「この前来た時、大学生アルバイトみたいなのに、いいバッグに安い値段付けられちゃって。適当にやってんじゃないのか?!」と、言い放った。一言憎まれ口をきかないと気がすまないタイプなのだ。でも私は負けないほう。優しいT君など、「ケッ、なんだバカヤロー!!」と言われて睨まれてたこともあった。

そのおっちゃん、今日は開店と同時に大きな袋を抱えてニコニコ顔でやってきた。
運悪く対応したのは私。(今日は朝からツイてないわ~)と、ちょっとブルー。
査定を始めると意外や意外、若い女性向けのわりと状態の良い洋服が出てきた。あのおっちゃんのイメージとは結びつかないような、○ッシェル・クランのタンクトップとか、普通に店に出せそうなスーツとか。家族のものを売りに来てるのか?にしては来店頻度が高いのだ。
「おい、もう10分経ってるぞ!まだ終わらないのか?早くやれよ!」と、おっちゃんは睨みを利かせてこちらをじっと見てる。
「一枚一枚、丁寧に拝見してますから!もう少しお待ちください!」と、私も負けてない。
結局、いつもより高めの値段がつけられて満足だったのか、おっちゃんは何も言わずにお金を受け取って帰ったのだった。憎まれ口に負けるものか、と意気込んでいた私も拍子抜け。

「フィリカさん、キレてたでしょ?声がいつもと違ってたわ。強いね~。」
「私なんかだと『申し訳ございませ~ん』なんて言っちゃいそうだけど、負けてなかったね。」
と、先輩たちに言われてしまった。
「あのおっちゃんに負けてないのは、A先輩とフィリカさんくらいよ。」とまで。
接客態度としては問題だけど・・・。おっちゃんにガンガン言われるがままにもしていられないのだ。

前述のTくんに、「おっちゃんにいろいろ言われるとムカつくよねー!」と語りかけたところ、「そうですか?いやぁ、そんなことはないですよ。どうにかして仲良くなって友好的に応対できないものか、といろいろ考えていたんですけどね。なかなか難しいです。」という答えが返ってきた。
Tくんはエライ。みんなに嫌がられるような人にも優しくしようとは。カッカしやすい自分をちょっと反省した。

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【 2009/08/16 18:26 】

| パート日記 | コメント(8) | トラックバック(0) |
またやっちまった。。。
お盆をはずして3日間の休みをもらい、私の実家に一泊して昨日自宅に戻ってきた。

子供たちの用事で多忙だった夏休み。仕事と家事の両立がうまく出来ず、家の中は荒れ放題。疲れて体調も悪く、なんとなくイライラ。今日はたまった家事をなんとか片付けようと、朝からちょっと頑張ってた。

トイレの換気扇にたまっていたすごいほこり。スイッチを入れると細いブラインド状のものが開いて換気扇がまわる仕組みだ。分解掃除ではなく、掃除機で吸い込むように、と取り扱い説明書に書いてあった。それだと取り切れないので、スイッチを切った状態で歯ブラシを差し込んでほこりを取っていたら、引っかかっていた溝からはずれて、ブラインドの1枚がうまく戻らなくなってしまった。

家の中でバタバタと作業中の夫を呼んで見てもらった。夫もイライラ。うまく直せない。「なにやってんだ!他のものが次々壊れていってるのも、こんなことやってるからじゃないのか?」
夫はいつもイラッとさせるような捨て台詞を吐く。嫌味なことを言わないと気がすまないのだ。思いっきりムカついた。負けずにちょっと悪態をついた。夫は、最近、家電製品その他が次々壊れてるのを気にしてイライラしているのだ。

いかん、いかん、こんなことでムカついては!と気を取り直し、なんとかして気持ちを修正しようとした。

夕食には“鶏のトマトソース煮・ラタトゥイユ風”を作ることにした。
息子たちには大好評の料理で、単身赴任で食べ物に苦労してる夫に、ぜひ食べさせてあげたい、と思っていたメニューだった。

玉ねぎのみじん切り、茄子、ズッキーニなどを炒め、にトマトの水煮缶を加えて煮込んだところに、塩コショーして小麦粉をまぶし、からりと焼いた鶏肉を入れて煮込む。いよいよ最終段階に差し掛かったところに、夫が心配そうに顔を出した。

「鶏肉、こんなに大きくて厚いの?大きすぎるよ!もっと細かく切ったほうがいい。」と言うやいなや、キッチンバサミでフライパンの中で焼いてる途中の肉を切り始めた!!
そんなに大きい?もも肉を4分の1程度に切ったのに。今日の肉はわりと小さめだったのに。
「表面にこんがり焼き色がつけば、あとはトマトソースで煮込むんだから。」と反論したが、「厚みがあると火が通らない。」と夫はゆずらない。

キレた私は、「ムカつく~!!」と言い放ち、沸点までムカツキ急上昇!!
夫は、「なんで怒るの~。」と困ったような顔をしていたが、この態度は私の怒りスイッチを刺激しまくりだった。「何でいちいち口出しするの?もうちょっと思ったようにやらせてくれてもいいでしょ!」と反論。せっかくのお料理なのに。息子たちには大好評なのに。

怒った私が悪い、という話になっちゃうんだろうな。そうか、私が悪いのか!でも、怒った後は、感情のコントロールが全然出来てない、ということに気が付いてイヤ~な気分になり落ち込む。
うちの夫というのは、他人がちょっと気になるところに、思いっきりグサッとくるような一撃を食わせるのだ。

夫は先月の休みは単身赴任先から実家に行っていたので、自宅に戻るのは実に2ヵ月ぶり。2ヵ月ぶりに会ったのにこのザマ・・・本当に情けなくて悲しくなる。
私にもっと余裕があればぶつからずに済むのかな・・・。怒りの感情をコントロールするのはむずかしい。

テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2009/08/11 20:52 】

| 日々つれづれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
意外な発見
うちの職場のパート主婦たちは、ほぼ同時刻に出社・退社のタイムカードを押しに行く。

ある時、たまたま私のタイムカードを目にした1人の先輩が、突然吹き出して大笑い!「なに、このフィリカさんのタイムカード!!どうやったらこんな風になるの?」他の人たちも集まってきてタイムカードを見ては大ウケ。ごく普通にカードを入れると打刻される旧式の機械なのだが、なぜか欄からズレてガタガタに印字されているのだ。欄内に整然と収まってる日の方が少なかった。

「慌てて入れて、焦って引っ張ってるんじゃない?」と言われるまで、自分ではまったく何も考えてなかった。「力を入れずに普通に入れると、ちゃんと打刻されて自然に上がってくるよ。」と言われるまで、まったく気づかなかったのだ。

その後、なるべく落ち着いて優し~く入れるようにしてみると、確かに美しく印字され欄内にきちんと収まるようになった。それでも月に1,2度激しく乱れる時があり、「フィリカさん、何か精神的に動揺するようなことでもあった?」と聞かれ、「そういえば・・・主人とケンカしちゃってイライラしていたかも。」と私が答えたばっかりに、「タイムカードを見ればフィリカ家の夫婦喧嘩がわかる」という定説がすっかり出来上がってしまったのだった。オイオイ!

・・・40数年間生きてきて、まったく意外な発見である。私がすごい慌て者でオッチョコチョイなのは、タイムカードに如実に表われたのだ。夫婦喧嘩のイライラまで関係しているとは・・・。タイムカードおそるべし!いろいろと分析してくれる、職場の年下の先輩たちおそるべし!

夫婦喧嘩もほとんどしなくなり、私のタイムカードは最近は美しい。でも、うっかりしてるとすぐまたガタガタになりそうな気配。慌て者でオッチョチョイという気質は持って生まれたものなのかも・・・。

40数年間生きてきて、「意外と天然~。」と言われて面白がられるのも、自分としてはすっごく意外なことだった。ひとまわり以上年下の人たちには、私の反応の仕方がいちいちツボにはまるらしい。「フィリカさんの反応はぼくらにはまったく読めません。そうくるか!と、毎回オドロキの連続です!」と、言われる私の方がオドロキの連続なのだ。

仕事で毎日伝票を書いているが、伝票の書き方にも人間性はあらわれるものだと思う。「見た目と違ってわりとダイナミックかも。」「きっちりと繊細でよく気がつく人だな。」「仕事は速いけど、ちょっとテキトーなところもある。」とか、見てるとその人独特の匂いがあるようだ。

てぽてぽ進も♪」のてぽてぽさんの記事。「こんなところにも人間性が・・・」を読んでいて、ふと自分のことが恥ずかしくなった。たしかに、タイムカードには人間性があらわれるようだわ・・・。気をつけなきゃ!

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2009/08/03 19:11 】

| パート日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。