スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
今年も咲きました!アルベリック・バルビエ
つるバラ アルベリック・バルビエがとうとう咲き始めました♪
雨上がりの庭で、思わず「おおっ!」と息をのんでしまいそうなくらいの、その迫力。清楚で凛とした気品が漂ってます。

DSCN8598.jpg

DSCN8601.jpg

DSCN8605.jpg

一週間ほど前から、つぼみがほころびかけつつも、なかなか開花まで至らず・・・という状態で足踏みしていました。バラは咲き始めが感動的で素敵♪去年より10日も早かったのね。
ようやく会えたわ♪アルベリック・バルビエちゃん!!

紫蘭も元気です。たっくさん咲いているのに、撮影しそびれてました。

DSCN8595.jpg

ヤマボウシのグリーンも生き生き♪

DSCN8610.jpg

出勤前に大急ぎで撮影。
今日は商品の棚卸もあり、雨でお客様も多くて大忙しでした。へとへと~。
不景気だから、安いところで思い切り買い物を楽しむ&いらないものを処分して少しでもお金に換えよう、という方が多いみたいです。


スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/31 18:06 】

| ずぼらガーデニング | コメント(10) | トラックバック(0) |
芸術家はワガママ?
うちの店のスタッフの中には、地元では有名な某国立大学の大学院出身で、アルバイトから準社員になった人がいます。

そんな輝かしいキャリアの人が就職するのに似つかわしい職場ではないし、周りの人たちに合わせるのも何かと苦労が多いのでは?と思うのだけど、本人はわりと楽しそう。「アルバイトなのに、こんなに楽しくっていいのかな、と思うんですよ。」と言っていたと思ったら、あれよあれよといううちに就職してしまったのです。奨学金やらなにやらの借金もあり、とにかく仕事しなきゃ!という状況だったようで。
そのNさんがこんなことを言っていました。
「著名な大学教授とか研究者って、高学歴で知識が豊富な人たちは人間的にも豊かで素晴らしい人に違いない!と思っていたんですが、全然違いました。いや、もしかしてまったく逆かも。そういう人にばかり出会って、すごく幻滅しちゃいましたよ。」と。

話は変わって数日前の朝のこと。
「少し前におたくの社員さんに家具を見てもらったのに、いくら待ってもさっぱり来ないじゃない?どうなってるの?今日、すぐに来て頂戴!」というような電話があり、「でも、○○は転勤になってるから。2ヵ月以上前の話だよね?」と店長が首を傾げながら出掛けて行きました。普通は予約をいただいてから伺うことになっている出張買○り。こんなことは非常に珍しいのです。

少しして戻ってきた店長が大変そうに運んできたのは、巨大なアートフラワーの作品!!
トライアングルに生けられた、ピンクの百合の花がメインのものでした。ホテルのエントランスにでも飾ったら映えそうな、すごくインパクトのあるもの!!うちのようなお店にはまったく縁がなさそうな作品。

「もうっ!こんなのばかり、まだまだあるんだよ~。」と、店長はまたトラックに戻り、今度は観葉植物の鉢物風の作品を運んできました。高さにして170cmくらいはありそう。ハナミズキのアートフラワーを、木の枝に立体的にからめた作品。こちらは白とグリーンベースでシックだけど華やか。

さらにもう一つ。
これが一番大きくて、太った人一人分というか、普通の人1.5人分はありそうな大きな鉢にアレンジされた作品。あらっ?この華やかな作風はどこかで?と思っていたら、
「K屋崎省吾の弟子なんだって!悪い人じゃないんだけど、わがままっぷりは超一流だった。」と店長。温厚な店長でも嫌になるくらいだったのでしょう。よっぽどのことだわ。

「すごい豪邸だったよ。こんな大きいのを買い○っても、まだまだ余裕があるくらい。」と店長。本当はうちのお店ではあまり買○取りしたくない商品だったんだろうな。家具と違って売れるかどうかも微妙だし。だから、前の社員さんも出向いて行かなかったのでしょう。断ったのじゃないかと思うんだけど。

職場で写真を撮るわけにもいかないので想像してみてくださいね。「いかにもK屋崎省吾って感じだねー。」というような作品です。アートフラワーで作ってるけど、なかなか派手派手で華やか~。

かなりホコリがたまっていたので、風をあてて一生懸命作業をしていたO先輩。「花の前に立ってると、まるでスナックのママみたいだよ。」とみんなからからかわれてました。「こんなの私でも適当に挿せば出来そうじゃない?」なんて言ってたっけ。(なかなかそう見えてもそうはいかないよ~。)

かくして、うちのお店は今、似つかわしくない芸術的で派手派手・・・もとい、華やかな花であふれてます。冒頭に登場したNさん、「やっぱり学歴が高くておエライ人とか、一芸に秀でた芸術家って、みんなひどくわがままなんすよね~。」と、一人深~くうなづいていたのでした。

+++お詫び+++
先日は「こんな時どうしますか?」の記事に、たくさんのコメントをいただきありがとうございました!
ご本人の承諾を得てからupさせていただいたものの、詳細な部分まで打ち合わせていなかったために、関係者の方に不愉快な思いをさせてしまい、大変申し訳なく思っております。
お節介が過ぎて先走ってしまい、配慮に欠けた文章になってしまいました。
深くお詫び申し上げます。
記事は削除させていただきましたので、ご了承いただきたくお願い申し上げます。                                コットンフィリカ


テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2009/05/27 21:46 】

| パート日記 | コメント(5) | トラックバック(0) |
さようなら、ありがとう!ミル・フルール
「ミル・フルールに幕をおろしました」

というハガキが届いたのは4月20日を過ぎた頃。
その少し前から耳にはしていたものの、実際に目にするとやはり衝撃。
ちょうど夫のいる東京に行く準備をしていた頃で、気持ち的にちょっとバタバタしていて、なおかつ、(この一年ほど、まったく何の協力もして来なかった私が、今さらなんだかんだ言ったって・・・。)という思いもあり、会の代表・チャイブ先生に連絡を取ることもせずに1ヵ月近く過ぎてしまいました。



           ミル・フルールに幕を下ろしました

桜が満開のこのすばらしい季節に、このお知らせをしなければならない状況を、大変、大変残念に思っています。

本年度は、活動資金が不足・調達のめどが立たず、会の運営ができなくなりました。

これまで8年間、「チャイブまつり」から「ミル・フルール」まで、応援していただきまして、本当にありがとうございました。

活動を通じて皆様と出会えたことを感謝しながら、ご挨拶とさせていただきます。

                                  平成21年4月18日




ゴールデン・ウィークも終わり、仕事の忙しさも落ち着いた頃になって、ようやくチャイブ先生に連絡を取り、Green Heartさん、アトリエKarenさんと一緒に「はな工房チャイブ」でお会いすることになりました。それが今日。

「断腸の思いで活動を断念することにしたのよ。」と聞いていたので、チャイブ先生と役員さんたちは、さぞや落胆されているのでは・・・と思っていたのですが、先生もGreen Heartさんもお元気そうで生き生きされてました。
「ミル・フルール」という、活動発表の場がなくなっただけで、もともとやってきたことは一緒だし、また新たな活動の場を開拓されている様子。Karenさんも、自宅教室で教えたり、ショップで販売してもらったり、と充実してるようです。

チャイブ先生は、2月に「ネオ・ジャポニズム・イン・タヒチ」という、タヒチの大統領府招聘事業に参加されてきたそうで、その時の写真をたくさん見せていただきました。大統領からじきじきにご招待!!150点あまりの日本文化を伝える作品のひとつに、チャイブ先生の押し花作品が選ばれたのだそう。すごい!!
作品は「大曲の花火大会・日本一!!」というタイトル。押し花で花火大会を表現したものです。
詳しくはチャイブ先生の携帯サイトをどうぞ。(PCで見られます)

チャイブ先生のHPに作品を掲載していたところ、それを見た人からお声がかかり、今回のタヒチ行きが決まったのだそうです。ネットの配信力ってすごいですね!
思えば私が小学校で講習会をやらせていただいたのも、ミル・フルールのサイトからのご依頼でした。
貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました!!

ミル・フルールの活動については、今までもこのカテゴリで何度か紹介して来ましたが、会の組織が大きくなればなるほど、運営に関して見えない手間ひまも増え、役員さんたちのご苦労は並大抵ではなかったことと思います。役員さん任せになって、頼り切ってしまってる部分も多かったのではないかと・・・。1人1人が自立してもう少し違う形で出来ないものか・・・。うーん、でも、なかなか良い案は浮かんできません。
ただ、8年間、チャイブ先生が一生懸命築いてきたこのネットワークを、このまま終わりにしてしまうのは、とってもとってもせつない気がします。

さようなら、そしてありがとう♪♪ミル・フルール。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/22 13:57 】

| 手づくりアート・イベント | コメント(6) | トラックバック(0) |
5月の任務(?)終了
私のパート先(リサイ○ルショップ)では、各店舗をパソコンのネットワークでつなぎウェブカメラをつけて、「テレビ電話会議」のような感じで情報交換を行っています。

朝、開店準備をしながらたまにその様子を見ていて、(社員さんたちも大変だな~)と思っていたら、突然店長から「次回の会議はうちの店が発表の当番になったよ。器の売り上げが好調、とのことでご指名だ。担当のフィリカさんとOさんに発表してもらうことになったからヨロシク。」と言われてびっくり!

「あれって社員さんだけの会議じゃないんですか?」
「いやいや、パートさんも発表するんだよ。日頃、仕事をしていて気付いた点をレポートにまとめて出してくれる?」
ということで、慌てた、慌てた。まったく人ごとだと思ってたのに。

「大丈夫よ。きっとOさんが発表するわよ!」
という、A先輩の言葉を信じてのんびりしていたところ(O先輩は何でも出来て頼りになる人)、
「その日、Oさんは希望休だった!フィリカさんも休みになってたけど、休みを変更してこの日出勤して。」
と店長。急遽、私が発表の大役(?)を仰せつかってしまいました。(汗)

会議は午前8時半から約1時間。
北海道・東北地区のブロックの店舗をつないで、社長やオエラさんたちも参加してる・・・と思うとドキドキ。うちの店は私と社員さんたち・6名が参加しました。
なんとか発表を終え、いただいた質問にもなんとか答え、無事に終了。お疲れ様でした。
地味にコツコツとパートの仕事をこなしてるだけ、と思っていたのに、こういう場にひっぱり出されることもあるのね・・・。自分の仕事を見つめ直す、いい機会になりました。
今月はこれが無事に終わらないと、と気がかりだったので、なんとか終了してほっとしています。

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2009/05/20 18:18 】

| パート日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
「太陽にほえろ!」みたいな
リサ○クルショップでパートとして働き始めてびっくりしたこと。

それは「警察の人がよくやってくる」ということ。
お客様が売りに来られた商品を買○りする際、必ず住所・氏名・電話番号などを伝票に記入していただき、身分証明書で本人確認をすることが法律で義務付けられています。この伝票のチェックをしに来店されるのです。

それというのも、盗品を売って現金に換えようとする犯人を捕まえるため。実際、ここから足が付いて御用となったケースも多いのです。

少し前のこと。
同じ職場の仲間かな?という感じの若い男性5,6人がどやどやと来店され、レジの方に向かって来ました。
「こういう者ですが、店長いらっしゃいますか?」と、胸ポケットからさっと取り出したのは警察手帳!!きゃーっ、「太陽にほえろ!」みたい。そのまんまだわ。
店長を呼ぶと、何やらひそひそと話し始めて、時おり「色白、ぽっちゃり、小太りで、目は大きく、身長170cmくらい・・・」なんて言ってるのが聞こえてきました。
近くの宝飾店で高級腕時計を盗んで逃走している男がいる、とのことで、もしかしたらその時計を売りに来るか、違う腕時計を物色しにくるかも知れない、という話でした。
「宝飾店の店主を殴り、ひるんだ隙に逃げたようです。殴られると危ないので、時計関係は単独で接客しないようにしてください。」とのこと。
スタッフの間では、「怖くね?」「売り場からゴルフクラブ持ってきて置いておく?(いざとなったら犯人を叩く)」なんてことで盛り上がってました。

それから1時間ほどたってから。イケメンの若い男性が来店されてレジの方に向かって歩いてきました。イケメンにはすぐ反応する私が出て行くと、「こういう者ですが店長いらっしゃいますか?」と、胸ポケットからサッと警察手帳を取り出して見せてくれました。きゃーっ、「太陽にほえろ!」みたい。そのまんまだわ。と、再度思った私。
「実はこの近くの宝飾店で強盗事件があり、その犯人が・・・」
「そのことでしたら、先ほど警察の方が見えて店長が対応してお話も聞いております。ありがとうございました。」と言うと、
「そうですか。それでは、十分お気をつけて対応してください。」とイケメン刑事さん。疾風のように帰って行きました。か、かっこいい~!刑事さんたちって、本当にごくごく普通の格好して仕事してるんですね。でも、目元がシャープでキレル感じで素敵でした。本当に「太陽にほえろ!」みたいだったわ♪(古い・・・)
犯人は数日後に無事に捕まり、私達もほっとひと安心。こういうことがいろいろあるんですよ。

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/16 05:46 】

| パート日記 | コメント(8) | トラックバック(0) |
ツツジが見頃です♪
玄関前のツツジが今を盛りと咲いています。

DSCN8411.jpg

DSCN8426.jpg

DSCN8430.jpg

家を新築したばかりの頃は、業者の方が入ってくれて、まるでリーゼント?角刈り?のようにきれいに四角く刈り揃えられていたツツジ。どうがんばってもそんな風には出来なかったので、ナチュラル(というか手つかず)なまま。和風なお花ですが、この微妙な色の感じがいいんですよね♪

白モッコウバラ、満開です!

DSCN8422.jpg

うーん・・・満開になる前の方がきれいだったかな~。なんてわがままを言ってみたりして。
わりと長持ちするのね。まだまだ咲いてくれそうです。

こちら芝桜も、まだ元気です。最後にどピンクで♪

DSCN8418.jpg

うちの庭にはないですが、今仙台では藤の花が見頃です。通勤の途中に、たくさん自生しているところがあって、とっても見事です。写真撮れるかな・・・。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/15 18:57 】

| ずぼらガーデニング | コメント(2) | トラックバック(0) |
祝★勤続一周年
早いもので、明日でパート勤めを始めて丸一年になります。

その間、体力的にキツかったり、体調が悪い時にしんどいな~、と思ったことはあるものの、一度も本気で辞めたいと思ったことはありませんでした。
もともと中古市場に興味と関心があったことと、スタッフ全員のコミュニケーションがよくとれてて仲の良い職場であること、などが理由としてあげられると思います。嫌な人が1人もいない、ってすごいことです!本部のおエラさん達がやってきて、ピシーっとなることはありますけどね。

マイナス面を挙げるとすれば、仕事上どうしても“人のあさましい部分”を見てしまうことが多いこと。

値札が取れた商品を持ってきて「これ、値段が付いてないわよ。あの100円コーナーにあった商品だけど。」なんてことは日常茶飯事(つまり、100円で売れということ)。担当者に聞くと「100円なんてトンデモナイ。800円の値札がついていたはずよ。」と。とうとう、「値札が取れてる商品につきましては、当日中の販売はいたしかねます。」というステッカーが貼られました。他のお客様が取ってしまったのかも知れませんが、困ったものです。それはそれで「はぁ?値段がわからなくて売れないってどういうことよ!」と怒られたこともあったり。なかなか大変。

「どうせ二束三文で買い取って、高い値段つけて売ってるんだろ?値引きしてくれよ!」と、迫ってくるお客様も多いです。「普段からお安くさせていただいてますので、値引きの交渉はお受けできません。」と、これもステッカーが貼られてます。システム上、査定の基準というのが決まっているので、適当な値段をつけてるわけではないのですが、こういう言い方をされることはすごく多いです。

今日、若いきれいな女性がレジに持ってきた商品を見てびっくり。
昨日、私が値段を付けて店頭に並べた南部鉄器製のジンギスカン鍋でした。商品にはジャンルごとの番号というのがあるのですが、まったく違うジャンルの番号で800円も安い金額に貼り直されてました!
どういうこと??と思ったものの、他のスタッフが何かわけがあって貼りなおしたのかも?とも思って、そのままの価格で売ってしまった私。後で先輩に話すと、「そんなことあるわけないよ!値札シールを改ざんされたんじゃない?それにしても手の込んだことをやるよねー。他の売り場の商品の値札をはがして貼ったのかしら?」と言われガックリ。若くてきれいな女性だったのに、ちょっと人間不信になりそう。

後輩スタッフMさんは、常連の年配女性が万引きする瞬間を見てしまったとかで、「私、人間不信になりそうです。しょっ中来る常連さんなんですよ。」と話してました。
2万円ほどのバッグがなくなってたり、1万円ほどの高級スプーン&フォークセットの中身だけ盗まれたり。財布コーナーでも、気が付くとなぜか値札だけ残されて5点ほどなくなってたり。いろいろあります。

この頃は古着の販売に力を入れており、買○りも着なくなった洋服を持ってこられる方が一番多いのですが、ゴミのような衣類ばっかりだとさすがにウンザリします。
仙台市は昨年10月からゴミ有料化が始まり、ゴミ袋の値段がかなり高くなったこともあり、リ○イクルショップへの持込が増えたようです。
デザインからしてあまりにも古いもの、シミ汚れがあるもの、毛玉があるもの、タグのところに記名があるもの、などなどはブランド品であっても5円で買○りして廃棄処分となります。心の中で「こんなの持ってこなくていいよ~。売り物にならないじゃん。自分で捨ててよ~~。」と叫んでいる私です。

衣類以外でも、「誰が買うんじゃい!」と思えるような履き古した靴とか、キズがいっぱいで変色までしてるバッグとか、ずーっと前の家電とか、昭和の香り漂う家具とか、キズ、いたみの多い家具などなども大量にやってきます。
「買い取らなくていいよ。タダでいいからさ、引き取ってくれる?」なんてことも日常茶飯事。「今はもう引き取りはしていないんですよ。お持ち帰りでお願いします。」と答えると、お客様にいや~な顔をされることもたびたび。ゴミの処分が大変だからリサ○クルに持って行こう、と考える人は多いのです。

調理器具や食器類は未使用品しか取り扱ってません。買○りの際、確認すると「全然使ってないわ。」とお客様。持ってきたコーヒーメーカーのふたを開けたらコーヒー豆の香りプンプン。(思いっきり使い込んでますね。)
靴も未使用かそれに限りなく近いもの、ということになっています。「これは全然履いてないのよ。」と置いていかれた箱をあけたら、ものすごーーく履きこんだスニーカーが出てきてびっくり。
こういうのって、状態を見たら絶対すぐばれるのに・・・。日常茶飯事なのです。

時々、下着、ブラジャー、水着、黒いレースのガーターベルト、ヌーブラなども出てきたりして、いやぁ~びっくり。若い男性スタッフなんかは、どんな気分で買○りしてるのかな・・・と思ってしまいます。

そんなことも全部ひっくるめて、話題のタネにしつつ仕事に励んでます。これからもがんばるわ♪



テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/14 19:38 】

| パート日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
白モッコウバラ、見頃です!
今日は久しぶりにゆっくりした休日です。明日も休み~♪忙しくて体がボロボロだったので、ゆっくり休養します。
庭の白モッコウバラ、どんどん咲いてます!6分~7分咲きくらいかな?

DSCN8395.jpg

DSCN8392.jpg

DSCN8405.jpg

全体の背丈はこんな程度。↓ウッドデッキの高さを超え、ラティス部分の三分の一ほど。かなり思い切った剪定をしました。この横の方にも枝があり、そこにもたくさんつぼみがついてます。今まで株の成長のほうにエネルギーを使って、花をほとんどつけなかったのでしょう。去年は2、3個・・・寂しかったわ。今年、丸い可愛いつぼみがたくさんついて感激♪どんどん咲いてきてまた感激♪白い小さなバラは、本当に清楚で美しくて心を打ちますね。

DSCN8390.jpg

ドウダンツツジのグリーンもとっても良い感じ。↓まさに新緑の季節ですね。
一軒家は維持費がかかって大変だけど、庭の美しさには癒されます。

DSCN8408.jpg

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/10 12:15 】

| ずぼらガーデニング | コメント(10) | トラックバック(0) |
白モッコウバラ、芝桜・・・咲きました♪
ほったらかしの我が家の庭にも春がやって来てます!

つるバラ・サマースノー・・・かな?白モッコウバラでした。(mikiさん、まゆさん、ありがとう。)

DSCN8376.jpg

DSCN8379.jpg

苗の状態で我が家にやってきたのが2004年12月。一年育ててから庭に地植えにしました。
「つるバラは枝の先にどんどん花をつけるから、剪定し過ぎてはダメ。」という話をどこかで聞いていたので、枝はあまり切らないようにして来ました。なのになのに、昨年はまったく花が咲かず。。。枝ばかり伸びまくってすごい状態なのに。
今年の2月頃、地元の園芸評論家の方が「つるバラは今の時期に思いっきり剪定した方がいいのよ。」とテレビで話してるのを聞いてびっくり。仙台なら3月の初め頃までに、自分でこの程度と思うより、かなり大胆にカットしちゃってOKなのだと。
さっそく、かなり思いっきりカットしちゃいました!
その結果、たっくさんのつぼみをつけて今年はようやく花が咲いてくれました♪地植えにして4年目にしてようやく。去年は全然だめだったのに。バラが咲くとウキウキしますね♪

芝桜の“ピンクの絨毯”も今が真っ盛り。

DSCN8385.jpg

DSCN8386.jpg

DSCN8387.jpg

ツツジも咲き始め♪

DSCN8383.jpg

庭の雑草とりと、ウッドデッキのペンキ塗りを夫がやってくれて、庭もずいぶんキレイになったし。(ありがとう♪)今年は急に暖かくなってクロッカスが咲き始めた~!と思ったら急激な冷え込みですぐに枯れてしまい・・・。水仙は忙しい時期にいつの間にか咲いて枯れてたし。残念。
その分、白モッコウバラが咲いてくれてうれしいな♪

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/08 21:21 】

| ずぼらガーデニング | コメント(6) | トラックバック(0) |
我が家のゴールデン・ウィーク
ゴールデン・ウィーク直前に行きつけの床屋(街の中心部)に行ってきた長男いわく、「床屋のご主人がお客さんとの世間話からリサーチした結果、今年の連休は自宅の近場で遊ぶ人が100%だって。遠出する人は皆無だったらしい。」とのこと。小さな頃から大人と世間話をするのが好きだった長男。リサーチご苦労さま。我が家も世間一般と同じく、自宅付近をウロチョロしてるうちに、せっかくの連休は過ぎて行ってしまったのでした。

東京から帰ってきて翌日は出勤、その翌日は休みだったものの、その後は5日連続出勤!!というハードなスケジュール。勤め始めて約一年になるものの、5日連続出勤は初めての経験でした。

4日、5日と連休をいただき、夫と次男と3人でごくごく近場の釣り堀でニジマス釣り(長男は連休明けに実力テストがあるので勉強)を楽しみました。みんなが暑い、暑い、と言うのに私だけがなんだか寒い・・・と思ったら発熱していたよう。自宅に帰ってから爆睡。やはり体は疲れていたのね~。

そんな状況なので翌日は遠出はあきらめ、車のタイヤ交換やら家の中の雑用などなどをこなしていた夫。長男が高3で今年大学受験なので、家計もちゃんとチェックしよう、ということになりました。
衝撃。。。家計費の現実。
「うそだろー?こんなんじゃ、どうやって大学行かせるんだよ!!」
長男の通ってる公立高校は大学進学率100%。大学に行かない子はいない、と言われています。
次男は第一志望の公立高校の受験に失敗し、私立高校に入学したものの、奮起して勉強をがんばってるところ。こちらももちろん大学進学希望。ただし、この高校の学費がなかなか大変なのです。
「かあちゃんがこんなに頑張って働いてても、全然貯まらないのか・・・。」と夫。
私自身、どこの誰に見られても恥ずかしくないくらい、ここ数年の中では一番、というくらい毎日毎日奮闘しているにも関わらず、お金のほうは厳しい~状況。これが現実だ~。

我が家のゴールデン・ウィークは、「これからどうやって節約していくか」について家族会議を開き、「しゃーない。とにかく、頑張って行こう!」と、弱々しくこぶしを振り上げ、か弱い声で「エイエイオー。。。」で幕となりました。チャンチャン。

今まで、夫が家計費のことをあれこれ言い始めた時には、いつもケンカ腰になっていた私も、さすがに現実の厳しさ、重さの前にはお手上げでした。夫が言ってたこともごもっとも。もっと前から危機感を持って働いて貯蓄をするべきだった~・・・。と今にして反省。これからはケチケチ道を極めます。


テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/07 23:05 】

| 日々つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。