スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
あのぅ・・・お客様!
ショップの店員をしていると毎日いろいろなお客様に遭遇(?)します。
私が一番苦手なのは、「道を聞かれること」
方向音痴なので、車を運転して行ける範囲も限られている私。道案内は超・超・超苦手分野。なのに、「とりあえずあの店員に聞いてみよう。」という感じのお客様によくつかまります。

昨日もレジ対応をしている時にギョロ目のおじさんに、「ここから○○町に行くにはどう行けばいいの?」と聞かれ、<自分だったらこのルートで行く>というルートをお伝えしました。すると、
「はぁっ??違うだろ?反対方向じゃないの?あっちだよね、さっき標識で○○町と出てたよ。ここを右に出て左に行って右に行くんじゃないの?」と、腑に落ちない様子。
右だの左だのというのは、どちらの方向から来たかによっても違うと思うのですが、こういうことを聞いてくる人は、大抵右左で言ってきます。頭の中で左右がグルグル~。そこへ、しっかりもののA先輩が登場してちゃんと対応してくれて、お客様も納得。「そうだろ?この人が反対方向を教えるからさー。」
・・・あのぅ、お客様!標識も見て自分でもわかっているんなら、何も私に聞かなくてもよいと思うのですが・・・。自分で行ってみればいいじゃん!私が普段行ってるルートはすごい回り道だ、と先輩にも笑われたけど。

少し前に訪れた、70代くらいのご婦人と40代くらいの息子さん。「ソファーが欲しいんだけど、出てるだけしかないの?」と聞かれ、そのときはたまたまソファーが品薄状態で、他の支店を紹介することになりました。
地図も載ってるチラシをお渡ししたところ40代の息子さんが、「ここってどう行けばいいの?右に行って左に行って??」隣のご婦人、「店は右側にあるの?左側?」
・・・あのぅ、お客様!地図の見方は自分でがんばりましょう。私もうまく説明できないわ。(この店員はあてにならない)と判断されたらしく、「そこのお兄ちゃん!ちょっと○○支店への行きかたを教えて。この人(私のこと)じゃ全然だめだわ。」と、他の男性スタッフを呼んでました。そのスタッフもうまく説明できず(というかわかってもらえず)四苦八苦。「フィリカさん、ひでーよ。なんで逃げるんだよ。丸投げすんなよ。」と、さんざん言われました。

道案内は難しい。店員だからって何を聞かれても大丈夫なわけじゃないのに。今後は住宅地図を渡すなり、方向感覚に優れているスタッフに代わるなりします。でも、そういう人がいないときに限って、あれこれ聞かれて困るのよね~。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2008/09/30 08:28 】

| パート日記 | コメント(10) | トラックバック(0) |
本当の繁忙期
今日出社したら、社員さんたちがすでに仕事を始めていてビックリ。
1時間も早く出社して、作業場にある商品の品出し作業を進めていたのだという。
普段は2階で違う仕事をしている店長や他の社員も総出。そのくらい、昨日の夕方から閉店までの買○りは大変だったらしい。終わっていない仕事が山積みになっていた。

いよいよ本格的な繁忙期なんだなぁ、と妙に感心した。
朝礼も、開店時の朝の仕事も、今日はナシ。即、仕事に取り掛かった。

膝の痛みは昨日よりは大分治まってきた。でも、仕事に夢中になるといつの間にか走り回っていて、あとで痛みが襲ってくる。
私以外のスタッフも、聞けば「肩が痛くて上がらないのよ~。」「腰が痛くて~。」と、みんな湿布薬を貼っていた。私より一回りも年下なのに。体に負担が掛かるのは何歳でも変わりないのね。

今日も本当に忙しかった。
買○りのカウンターは荷物であふれてびっしり。来店されたお客様があまりの量の多さに驚いて、「今日、買○り大丈夫なんですか?ものすごく待たなきゃいけないのかしら?」と聞いてきたり、途中で引き返そうとしたり。こんなことはパートを始めてから初めてだ。

この忙しい中、新人さんも3人入った。
大学生の男の人と、40代の主婦2人♪落ち着いた感じの人たちが増えて、私もほっとできる。
入ったばかりの5月と比べて、職場のムードは激変した。外で働いていると、変化のスピードの速さが専業主婦時代と全然違うことを肌で感じる。
なんだかんだ言っても、この仕事が長く続く人は「気は優しくて力持ち」という感じなんだろうなぁ。力仕事が多いし。素朴な雰囲気の人しか応募してこないかも。
忙しくて辛い時期だけど、明日もがんばろう。


テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2008/09/28 23:08 】

| パート日記 | コメント(10) | トラックバック(0) |
初めての膝痛
生まれて初めて「膝が痛い」というのを経験しました。
今まで腰痛、ぎっくり腰というのは何度か経験したものの、「膝痛」というのには無縁だった私。通っている整骨院でも、「膝は痛くなったりしませんか?」とよく聞かれて、「大丈夫です。」と答えていたのに。
昨日、仕事中に突然痛くなり始め、夜寝ていても痛さで何度か目が覚めるほど。はぁ~っ、でも仕事はとっても休めないし。根性でがんばります。膝が痛いのも辛いですねえ。

ここのところ仕事がとっても多忙で、パソコンにもあまり向かえずに過ごしていました。
平日でも買○りのお客様が次々来店され、しかも持ってこられる量が多いので、それに対応するだけでドンドン時間が過ぎていき・・・。
「ごみが有料化する前に、何とかしなきゃと思って。」と年配の女性が言ってましたが、その言葉どおり、持ってこられるものは「何とかしなきゃいけないもの」ばかり。

昨日、3回も来店された60代くらいの男性は、大型ダンボール3個にぎっしりの荷物を入れて、自宅と店を往復されてました。そのうち2回を私が担当。
ほとんど婦人ものの衣類や生活用品。それも、30年以上昔のもの?といった感じのものばかり。大した値段のつくものはなかった。
後輩のMさんは、「あの方、一昨日も持ってこられたんですよ。よっぽど、うちのお店にハマッちゃったのかしら?」なんて言ってたけど、そんなはずは・・・。きっと、奥様とかおばあちゃんとかが亡くなられて、衣類の処理&片付けをしているのでは?というのが私の予想です。

ほとんど店頭に並べる商品ではなく、破棄する商品ばかり大量に処理する毎日。加えて引越しシーズンということもあり、大型家具の持ち込みも増えました。おまけに、ごみ有料化を目前にして、「無料でいいから引き取って処分してほしい!」と持ってこられる人も増えて・・・。ごみの処分業ではないので、とお断りすることも多いです。ごみの処分の仕方に困ってる人は多いみたい。

大型家具などの場合、お客様のご自宅に出向いて買○りもしていますが、社員さんと男性スタッフで伺うので私はまったく経験なし。聞いた話によると、「すごく汚くて掃除もされてないような所が多いですよ。白い靴下が真っ黒になるし、ワタゴミとかすごい出る。おじいちゃんが亡くなってそのままにしてたんだけど、とか、おばあちゃんが使っていた家具なんだけど、とかがほとんど。」ということでした。
リサ○クル業ってそんなものなのでしょうね。

私は全然平気なのですが、前に使っていた人の残留していた“気”とかに敏感な人はダメだろうな。オカルトちっくな話ですが。私はむしろ平気で使ったり着たりできる方です。古着も好きだし。

日々、“花ブログ”とは全然関係ないことばかりで、本当にごめんなさい。そんなわけで、花ブログに無縁な生活に追われている私でした。
10月になったらもう少し余裕ができるかな~。

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2008/09/27 19:10 】

| 生き生き健康 | コメント(4) | トラックバック(0) |
嵐のように去っていく
今日1日休みを取り、土曜日から4日間連休だった夫。
当初の予定では帰宅してのんびりするはずだったのが、「引越し(東京に転勤)の準備がぜんぜん進まないから、終わり次第そっちに行くよ。」ということになった。

結局、自宅に帰ってきたのは昨日(日曜日)の夜7時ころ。
必要なくなった荷物を運ぶために、わさわざレンタカーを借りての長距離移動だった(名古屋~仙台)。
みんなでわいわい鍋を囲んでの夕食。夫が運んできた荷物をわたわたと片付けて、あっという間に寝る時間。

私は仕事、子供たちは学校の今日は、一人で家の中の不用品を片付けてくれて、粗大ごみの処理センターへ運んでくれたらしい。

仕事から大急ぎで帰ると、「先に帰ることにしたから。みんな元気でな!」と夫の書置きを発見。
午後2時半過ぎにはもう出発したよう。結局、滞在時間は19時間!!嵐のように帰ってしまった。

レンタカーを返さなきゃいけないのはわかるし、引越しの準備もわかるけど、トシがトシだけに心配だわ。ケチなんだか、マメなんだか、タフなんだか、なんだかよくわからない!息子たちも、「今夜はお父さんいるんでしょ?晩ご飯どうする?」なんて気にして電話してくれたのに。

調子が悪かった私のパソコンもまた見てくれて、「結局これはダメだなー。」ということになったらしい。しばらくの間、画像なしのブログになりそう。それでも、最低限のことはできるように、他のパソコンをセットアップしていってくれた。ありがとう♪

東京での新生活が落ち着いたら、今までの単身赴任生活よりはラクをさせてあげたいな。
仕事のシフトで休めないので、引越しも夫ひとりでこなすことになり、ちょっと可哀想だった。
感謝、感謝

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2008/09/22 18:14 】

| 単身赴任 | コメント(8) | トラックバック(0) |
売れるもの、売れないもの
私がパートで働くショップには、毎日たくさんのお客様が来店されます。
そんな中で買○りをしていると、「またこれ来たよー。」と言ってしまうような商品がいくつかあります。
最近ダントツで多いのは「ハロゲンヒーター」
もの珍しくて買ってみたものの、あまり暖かくないのでしょうか?よく持ち込まれるけど、あまり売れてないような・・・。
「オイルヒーター」もよく持ち込まれます。「冷風扇」とか「パーソナル加湿器(小さめの価格が安いタイプ)」も多いです。「塗りのお椀、お盆」「木製のサラダボール(大小)」は、これでもか!というくらいよく来ます。
逆に「ほしいんだけど置いてないかしら?」とよく聞かれるのは、「除湿機」。雨が降り続いて洗濯物が乾かないような時期に。わりと売れるのでお店にないことが多いです。
私が「あっ、これほしい!」と思ったのは「ホットサンドメーカー」。ワッフルを焼いたり、サンドイッチやおにぎりを焼いたりできるもの。あっという間に売れてしまいました。

意外な人気商品というと、「高級ワイングラス」とか有名メーカーの「高級食器」。1人で数種類のグラスを買っていかれる人もいます。高級食器の世界は奥が深くて、私もこの仕事に入ってからすごい食器に遭遇したりしてびっくりしてます。
不滅の人気商品は「鉄道模型」。おタクの世界はあなどれません。
(追記しました)↓
続きを読む

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2008/09/18 08:48 】

| パート日記 | コメント(16) | トラックバック(0) |
ナナカマドの紅い実
庭のナナカマドの実が紅~くなりました!

DSCN8045.jpg

DSCN8046.jpg

寒い地方の方が育ちが良くなるナナカマド。青森に住んでいた頃、近所の街路樹がナナカマドで、紅い実がたくさんついて葉も紅葉してくると、とーーーっても美しかった。
我が家の庭は南向きで日当たりが良すぎるようで、昨年まではなかなかきれいな実にならなかったのです。虫にやられたり、鳥にやられたり。冬になる頃には1房2房残っていればいいほう。
今年8年めにしてようやくきれいな紅い実がたくさんなってきました♪

20070221083556.gif

↑↓ランキング参加中です。応援クリックありがとうございます♪
20070221083616.gif

テーマ:我が家の花々 - ジャンル:趣味・実用

【 2008/09/15 06:18 】

| ずぼらガーデニング | コメント(6) | トラックバック(0) |
韓国ドラマ「恋人」見たよ~♪
「シジャギ バニダ ~始めよう~花のある暮らし~」のチャンミさんおすすめ韓国ドラマ「恋人」全20話見ました!
恋人(Show Timeのサイトより転載)
いやいや、感動したわ♪佳境に入ってからこんなに盛り上がるドラマも珍しい。
17,18,19,20話は一気見してしまった。最終回の最後の最後まで「どうなるの~?」とハラハラドキドキの展開でした。
以前、「ラストダンスは私と一緒に」の時も、吸い込まれるように途中から一緒に観た次男が、やはり今回も途中から気になって一緒に観てしまいました。そのくらい面白かった!

平たく言えばヤクザの親分ハ・ガンジェ(イ・ソジン)と美容整形外科医ユン・ミジュ(キム・ジョンウン)のラブ・ストーリーではあるのだけど。ガンジェには7年越しの恋人がいて、孤児院育ちで荒れていたところを、ヤクザの大ボスのカン会長に拾われた、という事情がある。ミジュに近づいてきたカン・セヨンという男性は実はカン会長の息子で、一緒に育ったガンジェに強烈な嫉妬心を持っている。この2人の男性の“出生の秘密”に、ヤクザの抗争も絡んで実に実に複雑な展開になって行くのです。
ネタバレになるとつまらないので、ストーリーはこんなところで。

このドラマのレビューをGYAOで見ていたら、「関連商品」のところに「イソジンうがい薬」がたくさん並んでました。(笑)
でも、イ・ソジンさんは本当にカッコイイ♪イケメンではないのに、最後まで見るとハマる。きれいな男優さんにはない、男っぽいカッコ良さかな~。足も長いし。笑うとえくぼが出てカワイイ♪
普通の会社勤めを始めた時に、建築関係の専門書を山のように読まないといけないハメになってキレまくったり、パソコンの操作が全然出来なくてボケボケなことをしたり、すっごく笑えます!ピンクのエプロンとゴム手袋でキムチを漬けてるところもカワイかった。
キム・ジョンウンさんは最初はお茶目な感じなのに、どんどん切ない演技が多くなって、芸達者な女優さんだな~、と思いました。表情豊かで内面も豊か。イ・ソジンさんとこの共演が縁で今もラブラブなようです。魅力的だものね。

チャンミさんがブログに書いてたとおり、カメラワークもぐるぐる回ってたし(笑)、良い場面は全部「海」(笑)。本当だわ。
出生の秘密、心の傷、男同士の強烈な嫉妬、なども、深く入り込んで描かれていて、とっても好きな作品でした。セヨンもなかなか良い男だな~。ある意味、韓国ドラマ的には、「お決まりの」という設定も多いけど、わかっていてもハマッてしまうのよね。涙のツボを思い切り刺激されてしまうから、かな。
喜怒哀楽が全部激しくて、全部相手にドーンとぶつけて、だけど心の底から幸せになりたい!と求めている・・・・。そういうところが韓国ドラマの良さなんじゃないか、と思います。

ラストシーンの最後の最後まで「どうなるの~」とハラハラして観てたけど、いい終わり方でした。
脇役もみんな素敵だったなぁ。テサンもサンテクも。ただの甘いラブストーリーじゃなく、男の世界もしっかり描いてるところがドラマに深みを与えたと思います。
超・おすすめ!

20070221083556.gif

↑↓ランキング参加中です。応援クリックありがとうございます♪
20070221083616.gif

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2008/09/14 12:21 】

| 韓国映画・ドラマ | コメント(7) | トラックバック(0) |
洗濯機が壊れた?!
久しぶりに土日に休みをもらった。
この連休は休みを希望する人が多くてかなりのヒンシュクものだったけど、ずーーーっと土日出勤しているのだから、と無理を言ってなんとか。夫の帰宅に合わせたのに夫は都合で帰れなくなり、「思い切り好きなことするぞ♪」と張り切っていた。買い物の予定も立ててワクワクしていたのに・・・。

洗濯機が壊れた・・・。
脱水&排水が出来ず、洗剤のアワアワ状態のまま動かなくなってエラーが出る。何度やってもダメ。
ど、ど、どうしよう~~。時間はかかるし、とほほ~。

夫に電話で訴えると、何だかんだとアドバイスをくれた。
こんな時、電気やさんめぐり大好きなオタク系の夫は役に立つ。ありがたい。

少し時間を置いて、違うところのコンセントに差し込んだらなおった!
良かった~~。
12年も使ってる洗濯機なので、そろそろ寿命なのかも。
洗濯出来ない、乾かない、というのは本当に困りもの。休みの日だから時間がかかっても大丈夫だったけど。

出かける気分が一気にトーンダウン。そうだ、家の中の雑然としたものをまず片付けなくっちゃ。
長男の部屋に入るたびに、そのすさまじい散らかりようにウンザリ&イライラするのも、何とかしなくっちゃ。(次男は自分で掃除もするのに・・・。)
主婦はいろいろあるなぁ。出かけたくてもなかなか出掛けられない~。
明日はゆっくりしよう。

★追記
洗濯機が調子悪かった原因は、どうも「電圧降下」というものらしいです。
少し前にも、買ったばかりのパソコンの調子が悪くて販売店でみてもらったところ、何ともなくて。「同じ差込口でエアコンを使っていませんでしたか?タコ足配線とか。」と聞かれたことがありました。一気に電圧がかかるとダメになるらしいです。
洗面所の上(2階の部屋)でちょうどエアコンを入れてた時間。しかも洗濯機の方は延長コード使用。なるほど~。
電化製品の調子が悪くて、でも見てもらったら何ともなくて、って、わりとよくある話かも。
うちの洗濯機は12年選手ですが、まだまだ働いてくれそう。


20070221083556.gif

↑↓ランキング参加中です。応援クリックありがとうございます♪
20070221083616.gif

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【 2008/09/13 13:01 】

| 日々つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
穴があったら入りたい~
顔から火が出るほど恥ずかしくて、「穴があったら入りたいよ~」と思ったことってありませんか?
数日前の私が、まさにそんな状況。今思い出しても、超・恥ずかしい・・・。

職場で一緒に仕事をしている人たちは、“先輩”といっても一回りほど年下の人たちばかり。
私がごく普通に接してるつもりでも反応がいちいちツボにはまるらしく、「すっごい天然~」などと爆笑の渦。元来まじめな私は(←自分で言うところがいいでしょ)何がそんなに受けるのかがわからない。毎日、「今日こそはボケないで仕事するぞ!」と心に誓って家を出てるのに。まぁ、楽しく仕事が出来るならそれに越したことはないから、いいんだけど。

私の職場は、レジの後ろ側に作業スペースがあり、そこで商品をきれいな状態にして値段を付けて品出しをする、ということをやっています。商品の数が多くなる繁忙期は、せまい隙間を通るのも大変。私はその時、輸入物の商品のサイズを調べている最中でした。
先輩の1人が私の後ろを通る時、なぜかお尻を思いっきりペチッ!と叩いたのです。
思わず、「ああーーん・・・」と言ってしまった私。
すると、「きゃっははは!なぁに、今の声~~!」と先輩、大ウケ。
瞬く間に、「フィリカさんのお尻を叩いたら変な声を出した~。」という話が、他の男性スタッフたちにまで広がってしまいました。
恥ずかしい~。
いや、そんなんじゃなくて、「ああーん、もう!」と、忙しい時にお尻を触った人を、拒否するつもりで口から出たんだと思うんだけど・・・。
もう、すっかりみんなの耳に入ったようで、男性スタッフもどう反応して良いものか、とまどいの表情。こんな時、変な反応をしたら、“セクハラ”になってしまうから注意が必要ですよね。
自分でも、まさかそんな反応をしてしまうとは思いもせず・・・。
真っ赤っ赤になって仕事を続けました。

それだけならまだしも、この日は超・超忙しくて、なかなか仕事が進まない。
さっきのお尻を叩いた先輩もだんだんイライラしてきて、「さぁ、フィリカさん、パキパキこなしていくわよ!お尻叩かれて色っぽい声を出してる場合じゃないんだから!!」と、なぜか怒られ、「さっきも答えたわよ。同じこと何度も聞かないで!!」と、さらに怒られ・・・。
そんなに何回も言わなくても・・・。

何であんな反応をしてしまったのだろう・・・と、落ち込む私。
でも、そもそも仕事中にお尻を叩く方もどうか?と思ったり。男の人がやったならセクハラだよ~。
それにそれに。私は別にふざけたり仕事をさぼったりしていたわけじゃなくて、買○りで忙しくて他の仕事が出来なかっただけなのに~。

今だにまだ「お尻を叩いたら色っぽい声を出した」と言われてるので、正直ちょっと嫌です。
あぁ~、自分の行動が悔やまれる・・・。穴があったら入りたい!!と切実に思うくらい恥ずかしかった~~。まだ恥ずかしい・・・。

20070221083556.gif

↑↓ランキング参加中です。応援クリックありがとうございます♪
20070221083616.gif

【 2008/09/08 20:54 】

| パート日記 | コメント(12) | トラックバック(0) |
未知の世界
庭のサルスベリがきれいに咲いています。
DSCN8034.jpg
お隣の家をバックに。
DSCN8037.jpg
こんなに可愛らしいピンクの花なのに、サルがすべりそうなピカピカの葉っぱだからって“サルスベリ”とは・・・。ひどいネーミング・センスだわ。
アジサイもいい感じの色になってきました。いろいろなものがすっかり秋色ね~。
DSCN8040.jpg

苦節4年!
単身赴任先の名古屋でひとり奮闘してきた夫に、転勤の辞令がおりました。
10月から東京勤務!単身赴任なのは変わりないのですが、近くなっただけでずい分ほっとしてます。
新幹線で名古屋~東京~仙台と乗り継いで帰ってくるのはしんどいだろうな・・・とずっと思っていて、せめて乗り換えなしで帰れるところに転勤して!と願ってました。
月に1度しか帰って来れない、というのも、夫婦としてどうなのか?・・・と思ってたし。(連絡はほぼ毎日取ってたものの。)
「良かったじゃない♪」と喜ぶ私と息子たちに、夫は「良くないよ~。また全部仕切り直しだ。この歳になって新しいことを覚えたり、全然違う環境に適応してやっていくのは大変だよ~。」とため息をつきながら話してました。
でも、知り合いもいない名古屋で単身赴任というのは、やはり心配。何かあってもすぐ飛んでいけない距離だし。その点、東京ならなんとか飛んでいけそう。

それはそうと。
私は実はまったく東京に縁がなくて、遊びに行った経験も子供たちが小さかった頃の一度きり。
天然記念物なみ!!珍しいでしょ?
秋田のド田舎で育ったので、「東京は怖いところだ。あんな所は人の住む場所じゃない。」と小さな頃から言われて育ち、その“刷り込み”の呪縛にでもかかっているかのような・・・。
本当に縁がないまま、この歳になってしまいました。“箱入り”というよりは“出不精”だな~。
なので、東京は私にとって未知の世界♪♪きゃー、行ってみたい!
夫は就職して最初の勤務地が東京だったので、大丈夫。
でもなぁ、仕事を土日休むのは難しい・・・。引越しの手伝いにも行けず、まだまだ妻らしいことは出来そうにもありません。まぁ、自宅に帰る機会が増えただけでも、ラッキーよね♪

20070221083556.gif

↑↓ランキング参加中です。応援クリックありがとうございます♪
20070221083616.gif


テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【 2008/09/06 18:39 】

| 単身赴任 | コメント(10) | トラックバック(0) |
おそるべし!オバタリアンパワー
私もオバタリアンですが・・・。
サービス業をしていると、いろいろあります、ホントに。

数日前、「ちょっと見てもらいたいんだけど。」とご来店された40代くらいの女性。Tシャツにショートパンツ姿ではあるものの、フワフワのロングヘアーですらりとしたきれいな方でした。
行って見ると、ワゴン車の中にぎゅうぎゅうに積まれたたくさんの荷物。「譲り受けたものなんだけど、必要なくなったから売りに来たの。」とのこと。
とにかく何でもいいから適当に詰め込んだ、という感じで、商品の確認が全然出来ない!商品の状態と製造年数を確認して、値段の付けられないものはお返しすることになっているのに、何かを取り出そうとすると他のものが上から落っこちてくる。私1人ではどうにもならず他のスタッフを呼んで、大雨の中ずぶ濡れの作業となりました。
続きを読む

テーマ:主婦のひとり言 - ジャンル:日記

【 2008/09/02 09:10 】

| パート日記 | コメント(19) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。