スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
「対岸の彼女」角田光代
少し前にNHKで「八日目の蝉」というドラマを放送していた。

これが見事にツボにはまり・・・。大泣きしながら最終回を見てしまった私は、「作家・角田光代」に非常に心魅かれるものを感じたのだった。

「対岸の彼女」は、専業主婦・小夜子が幼い娘・あかりを保育園に預けて働き始めるところから始まっていく。人間関係が苦手で、公園デビューもうまくいかず、ママ友もうまく作れない小夜子。窮屈な日常からの小さな脱出を試みた、というわけだ。

彼女を雇ってくれた女社長・葵は、偶然にも同い年で同じ大学出身だった。

専業主婦でやや引っ込み思案な小夜子と、自分で会社を立ち上げてバリバリ働いている独身の葵。小夜子の現在と、葵の高校時代が交互に描かれて、物語は展開していく。

まったく“対岸”にいるような2人の女性だが、心の底の深い部分で重なり合ってるものを感じた。

タイトルの“対岸”には、いろいろな意味が込められていると思うのだ。高校時代の葵と親友のナナコ。2人の存在そのものが、小夜子にとっての“対岸”でもあると思うし。

“ナナコ”という女の子は、この物語のキーパーソンなのだろう。角田光代は、心の中ががらんどう、空洞になっている人間を描くのが実に巧い作家だと思った。

それにしても。
人間関係の描写、特に女子高校生独特の雰囲気・・・そのリアルさには驚いた。「私の高校時代、見てたんじゃないの?」と思ったくらいだ。

女子たちは似たもの同士でグループを作る。

その中でもクラスの中心に位置する、華やかなグループの1人が、「ちょっとさあ、あの人ってどう思う?」なんて言おうものなら、そこからイジメが始まったりするのだ。その対象が時にはクルクルと他の人に移ったりすることもあった。

私は4人+αの地味なグループで行動していて(他のグループの人がくっついたり離れたりもしていたので)、クラスの中心からははずれていたものの、その中でもいろいろあった。

しかし、考えてみると、女性というものは、主婦になってもグループを作りたがる。所属していないとどこか不安なのだ。

私のパート先には、30代で保育園に子供を預けて働いてる人たちが何人もいる。

「この前さー、小学校の就学時検診に行ってきたんだけど、幼稚園ママたちががっちりと派閥を作ってて、何だか怖かった~。保育園ママたちは少数派だから、ああいう雰囲気は嫌だわ。」と話しているのを聞いたことがある。

私はマイペース人間なので、子供たちの幼稚園時代は面倒な人間関係に巻き込まれたりはしなかった。

住人同士仲の良いマンションだと、「パパたちは仕事で毎日遅いから、ママと子供たちでグループを作って、持ち回りで夕食の食事会をしてるのよ。」なんてこともあったようだ。朝送って行って、帰り迎えに行って、そこからまた夕食まで一緒・・・なかなか濃い付き合いである。

幼稚園から帰ってくると、毎日晩ご飯前まで一緒に遊んでいるグループもあった。お母さん同士の付き合いも大変である。

「ママ友」だけではない。「対岸の彼女」の中でも、後半、葵の会社のスタッフが次々辞めていくのだが、人間関係って、いつでもそういう危うい部分を持っているのだとも思う。みんな心の中で求めてるものは同じなのに。

角田光代の本は、終わり方に希望の光が感じられて、優しい温かい気持ちにさせられるところが好きだ。久しぶりに、はまって夢中になって、あっという間に読み終えてしまった。

スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【 2010/05/20 09:00 】

| 私の本棚 | コメント(0) | トラックバック(0) |
モンスターワイフ 幸せなふりはもうしない
モンスターワイフ 幸せなふりはもうしない
二松まゆみ 講談社+α新書


モンスターワイフ2

この本は面白い!
著書の二松まゆみさんは、恋人・夫婦仲相談所所長。ご自身も、一度目の結婚で大失敗を経験しており、その苦い経験から相談所を開設したのだそうだ。それだけに、文章にものすごく説得力があり、離婚に悩む妻たちを分析する眼力も鋭い。

二度目の結婚をした今は、失敗しないように、自分の中のモンスターが暴れ出さないように、日々戒めているのだそうだ。

モンスターの名前が絶妙。

・ビジュアル系モンスター
「スッピン姫」「ムダ毛ぼーぼー」「どこでもジャージ」「三段バーバラ」「汚尻(おしり)」「閉じずの股」「楽だからショート」
・メンタル系モンスター
「カバン荒らし」「携帯のぞき」「ティッシュ嗅ぎ」「グラドル夜叉」「妄想暴走族」「つもり満点妻」「セレブ憑き」「イライラ虫」「夜泣き婆」「恨ミーナ」「妬ミーナ」「育児天狗」「耳なし」「仕切り鬼」
・セクシャル系モンスター
「エロゾンビ」「ダイダラボッキ」「カマトト狐」「冷凍マグロ」「エロの邪鬼」
・バイオレンス系モンスター
「鬼子怒神」「修羅婆」「大噴火」

思い当たるものがたっくさん。私の場合はメンタル系モンスターかな。ただし、「携帯のぞき」「カバン荒らし」はない。もともと、この二つにはまったく興味がなかったから。でも、夫の行動は気になるものだ。

「幸福感とは、主観的でパーソナルな感覚ですから、何に幸せを感じるかは人それぞれ。それでも今、幸せを感じられない妻たちにたしかに共通するのは、“愛が足りない”という不安です。」

「夫婦の危機を招いたのは、妻の“力不足”が原因」
と、著者は断言します。

夫婦仲が悪くなった妻は「夫が悪い」と決め付けやすく、それが夫の目には、さらに恐ろしいモンスターに映ってしまう、のだと。

相談所には、毎月1000通ほどの相談メールが寄せられ、内容は夫を責める言葉で埋め尽くされている。それを「わかる、わかる。私もそうだったから。大変だったわ。」と読んでいた著者は、ある日、行間や文面を埋め尽くしていた、どす黒いネガティブな感情の集合体に恐怖を感じたのだそう。

著者の経験から出た言葉には、きれいごとではない、真実の重みが感じられる。自分自身を振り返ると、私もかなりなモンスター?モンスターは卵のうちに処分しないと、幸福な夫婦関係をおびやかすそうだ。


テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【 2010/03/20 20:03 】

| 私の本棚 | コメント(4) | トラックバック(0) |
いやな気分よ さようなら
いやな気分よ さようなら -自分で学ぶ「抑うつ」克服法
 デビッド・D・バーンズ著 星和書店
いやな気分よ
この本は、うつ病の認知療法について書かれたもので、アメリカでは300万冊以上売れたベストセラーなのだという。Amazonで書評を読み、その評価の高さ、書評を書き込んでる人の多さに驚いた。

私の場合、夫とケンカして落ち込むことが多く、「自分はなんてダメな人間なんだろう。」「自分なんかどうせ・・・。」といった、いつも同じような思考パターンに陥ってしまうことが多かった。うつ病ではないにしても、このいやな気分を何とかすることは出来ないものか?と、そのたびに感じていたのだ。

認知療法の第一の原理は、あなたの感情はすべてあなたの「認知」(ものごとの受け止め方)あるいは考えにより作られる、ということ。あなたがものごとや人を自分に対してどう言い聞かせるか、つまりどう解釈するかということが重要なのだ、と。
うつ病になるベースには“認知の歪み”が必ずあり、それを改善することなしに根本的な回復には至らないのだそうだ。

認知の歪みの定義
(1)全か無か思考
ものごとを白か黒かで考える。少しのミスも完全な失敗と考える。
(2)一般化のしすぎ
たった一つのよくないことがあると、世の中すべてこれだ、と考える。
(3)心のフィルター
たった一つのよくないことにこだわって、そればかりくよくよ考え、現実を見る目が暗くなる。
(4)マイナス化思考
なぜか良い出来事を無視してしまうので、日々の生活がすべてマイナスのものになってしまう。
(5)結論の飛躍 
根拠もないのに悲観的な結論を出してしまう。
①心の読みすぎ
ある人があなたに悪く反応したと早合点してしまう。
②先読みの誤り
事態は確実に悪くなる、と決めつける。
(6)拡大解釈と過少評価
自分の失敗を過大に考え、長所を過小評価する。逆に他人の成功を過大に評価し、他人の欠点を見逃す。双眼鏡のトリックともいう。
(7)感情の決めつけ
自分の憂鬱な感情は現実をリアルに表現している、と考える。「こう感じるんだから、それは本当のことだ。」
(8)すべき思考
何かやろうとする時に、「~すべき」「~すべきでない」と考える。あたかもそうしないと罰でも受けるように感じ、罪の意識を持ちやすい。他人にこれを向けると、怒りや葛藤を感じる。
(9)レッテル貼り
極端な形の「一般化のしすぎ」。「自分は落伍者だ。」「あのろくでなし!」など、そのレッテルは感情的で偏見に満ちている。
(10)個人化
何か良くないことが起こったとき、自分に責任がないような場合にも自分のせいにしてしまう。

・・・思い当たることばかり!!

 私としては、「第11章 いつも認められたい(承認中毒)」「第12章 愛情への依存」「第13章 仕事だけがあなたの価値を決めるのではない」「第14章 中くらいであれ!-完全主義の克服法」が特に面白かった。
幸せを感じるのに必ず愛情を要求する態度を「依存」といい、自分の感情生活に自分で責任を取ることが出来ない状態、なのだそう。素晴らしい恋人や結婚生活のパートナーがいなければ、自分は不幸で惨めだ、と感じる人は非常に多いが、愛情を要求する態度ではいつまでも自立した大人にはなれないのだ、と。夫とケンカしたくらいで、世の中の不幸を全部1人で背負い込んだような気分になっていた自分・・・。今度からはもっと冷静に対処してみようと思う。

「第9章 哀しみはうつ病ではない」では、現実的な不幸な出来事に遭遇した場合の乗り越え方について詳しく書かれている。破産、老齢、病気、別離などの現実的な問題。でも、このようなことでは「現実的うつ病」にはならないのだそう。「健全な哀しみ」に遭遇した時の感情は優しく、真実味に富んだ望ましいものであり、人間味を深め人生に深みを加える。そういった意味で喪失体験には得るものがあるのだ、と。

素晴らしい本だった。これを現実に生かして実践してみようと思う。

最後に。私が購入したのは古いタイプの方。Amazonマーケットプレイスで1500円ほどだった。初版のもので十分だと思う。
第2版・・・824ページ、原書は1999年刊行 (増補改訂版)
初版・・・・475ページ、原書は1980年刊行
暇を見つけてはちょこちょこと、時には熱中して読み進めて。これだけ読むのにも時間が掛かったが、内容的には難解ではなく、少なくとも私が知りたかったことはほとんど網羅されていた。
「認知療法は、決して狭い意味での病気の治療法にとどまるものではない。私たち皆が日々を安らかに暮らし、同時に人間的に成長していくためのガイドラインを提供する。」という著者の言葉に深く感銘を受けた。

うつ病の人だけではなく全ての人に。お薦めしたい本だ。

テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

【 2009/08/21 12:47 】

| 私の本棚 | コメント(16) | トラックバック(0) |
50歳からの楽しい楽しい「ひとり時間」
DSCN9353.jpg
50歳からの楽しい楽しい「ひとり時間」―人生、「嬉しいこと」が益々ふえる生き方のヒント
(知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)(2009/05/20)
三津田 富左子

この1年、ほとんど本を読まずに過ごして来ました。
先日、なんだかやる気が出なくてウダウダしていた時に、久しぶりに本屋さんに行って心ゆくまで立ち読みしまくり。最終的に買った本は違うものなのですが、妙に気になって、とうとう今日買ってきてしまったのがこの本。

まだ50歳にはなってないけど。
著者の三津田富左子さんの生き方がとっても痛快で、引き込まれて元気をもらってしまいます。
現在90歳。50歳で夫を亡くし、52歳でひとり娘を嫁がせ、以来38年間ずっと1人暮らしを続けている、というお方。寂しいどころか、ひとり暮らしは極楽とばかりに、計画的に合理的に「ひとりの時間」を楽しんで生きてこられたのだそう。
10数年前に娘夫婦から同居の申し出があり、「それもいいわね。」と答えたあとで、自分の好きなように生きていけない窮屈さを想像して断り、「私はひとりで最後まで生きていきます。」と宣言したのだそう。スゴイ!!
そもそも本を出すきっかけになったのが、朝日新聞への投稿。50余年、趣味で新聞への投稿を続けていたところ、それをスクラップして取っていた方がいて、「最近投稿を見かけないけど、お元気かしら?」という手紙を朝日新聞に送り、その件で取材を受け、その記事を読んで興味を持った出版社から話が来たのだそう。「女性が生きにくかった世代なのに、潔くて自分の世界を持ってらっしゃる。あこがれるし、勇気づけられる。」というファンの手紙がすべての始まりだったというわけです。
さっと読めてしまう本ですが、さっぱりとした清々しい生き方で、どのページも読んでるだけでムクムクと元気が湧いてきそうです。
         
日頃、節約に努めていることもあり、地味に地味~に過ごしている私。
今日はとっても久しぶりにお友達とランチに行って来ました♪ 場所はこちら
小料理屋さんなのですが、わりと手ごろなお値段でおいしいです。飲み会などで予約すると、かなり本格的なお料理が次々出てきて感激しますよ!今日、私はサバの味噌煮定食をいただきました(950円)。お友達は山海サラダ丼定食(1250円)。美味でした~♪

夕方のスーパーでは、時々このブログにコメントを寄せてくださるOrangeさんとバッタリ!自宅からわりと離れたスーパーで、しかも二人ともたまたま仕事が休み。「以前にもこのスーパーでバッタリ会ったね~。」と話が弾んで途切れることもなく・・・。スーパーでの立ち話とは思えないくらいしゃべりまくってしまいました。

無口な私にしては(?)よく喋った1日だったわ。


テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

【 2009/06/16 21:29 】

| 私の本棚 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ストレスに負けない心を作る
パートの仕事を始めて、新しい環境に適応しきれていないためか、本屋に行ったらこんな本が目にとまりました。
「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方
(2008/04/05)
田中ウルヴェ京

商品詳細を見る


最近売れてる本らしい。
サブタイトルに「負けない心を作る コーピングの技術」とある。
コーピングとは?
英語の「COPE」という動詞にINGをつけたもので、「○○に対処する」という意味なのですが、コーピングスキルとはストレス対処スキル、と呼ばれているのだそう。
心には4つのサイクルがあり、「刺激」(ストレスの原因となる状況)⇒「評価」(思考のフィルター)⇒「感情」(感情的な反応)・「身体」(身体的な反応) となっていく。
感情的な反応(不安になる、気分が悪くなる、など)が先にでるか、身体的な反応(心拍数が早まる、冷や汗が出る、など)が先に出るかは人それぞれらしい。
「緊張してビクビクする」「不安でドキドキする」といった反応は、無意識に行う「思考のフィルター」によって生まれ、これを決定しているのが「評価」というサイクルなのだそう。緊張して失敗したり、苦手意識を持ったりするのは、評価の部分が原因なのだ、と。急性の反応を放置しておくと、慢性化して病気になってしまうこともあるのだそうだ。
反対に考えると「評価のゆがみ」「認知のゆがみ」を健全なものに変えていけば、自分の感情のコントロールが出来るということで、ここで効果を発揮するのが「コーピングスキル」なのだ、と。
続きを読む

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【 2008/05/29 10:52 】

| 私の本棚 | コメント(10) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。